• Mondo alfa
  • 美しい、「世界一」のケーキ 〜フィオレンティーナ・ペストリーブティック〜
2013.05.27

美しい、「世界一」のケーキ 〜フィオレンティーナ・ペストリーブティック〜


六本木に建つラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京 1Fのイタリアンカフェ「フィオレンティーナ」。ここに併設されているペストリーブティックでは、約30種のケーキ、タルト、焼き菓子、パンなどを豊富に取り揃え、いずれもモダンなセンスとハイレベルな完成度を誇る。

イタリアンカフェを謳うだけあってティラミスやスフォリアテッラなどイタリアの伝統菓子も扱っており、そちらもぜひおすすめしたいが(実際、どれも美味!)、今回は魅惑の生菓子10種類に焦点を当ててみたい。

今年4月に開業10周年を迎えたグランド ハイアット 東京が、その節目の年を記念して企画した10種類のケーキセット「シェフズタイムライン」。一目見ただけで「特別な何か」を感じさせるこれらのケーキは、フィオレンティーナ・ペストリーブティックで活躍してきた歴代のパティシエによる、国際大会での優勝作品ばかり。

グランド ハイアット 東京の現役パティシエ 岡崎正輝氏が作る「世界一のケーキ」3種も、もちろんシェフズタイムラインに含まれている。サーカスをテーマにしたこのケーキは、昨年3月にパリで開かれた国際製菓コンクール「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2012」に男女混合で出場した岡崎氏のチームが見事、頂点に輝いたときのもの。

お皿の模様を映し出す鏡面のごとくツヤツヤと美しく仕上げられたムースショコラ。最下層のチョコレートのビスキュイに始まり、チョコレートタルト生地、スイートチョコレート、チョコレートジュレ、オレンジクリーム、マンダリンジュレ、オレンジ風味のチョコレートムースまでが整然と、これ以上ないバランスで層を成す。柑橘系の香りとチョコレートの濃厚な風味が絶妙。/シルク(単品は650円)

芸術的・幻想的なサーカスのショーを創り上げる光(リュミエール)をイメージしたケーキ。鮮やかなピスタチオグリーンをフォークで割ると、中から現れるのはラズベリーカラーのチョコレートムースを中心とした魅惑的な多重の層。なめらかなピスタチオのムース、果肉入りのラズベリージュレ、ピスタチオのビスキュイやサクサクのクランブルなど、さまざまな食感と風味が、まさにサーカスを彩る「光」のように鮮烈な印象を残す。/リュミエール(単品は650円)


太陽を意味する「ソレイユ」の名が付いた、さわやかなケーキ。表面のつややかなオレンジはパッションフルーツ、マンゴー、パイナップルなどを使ったエキゾチックジュレ、中にはバターと砂糖で香り高くソテーしたパイナップルがひそむ。トロピカルな風味のフロマージュブランの下には、フィヤンティーヌ、自家製マーマレード、ダコワーズが層となり、人々を歓喜させるサーカスのように、食べた人の心を魅了する。/ソレイユ(単品は650円)

「シェフズタイムライン」では、現在は独立してフィオレンティーナを離れているパティシエたちのケーキも特別に復活することも話題だ。たとえば、洋菓子世界大会の最高峰であるCoupe du Monde de la Patisserie(クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー)の2007年大会で、日本チームを16年ぶりに優勝へと導いた藤本智美氏の「Liberte Sauvage」(リベルテ ソヴァージュ)。

2003年から2011年までグランド ハイアット 東京で活躍した平井茂雄氏のケーキも復刻発売。これは、世界で唯一のチョコレート世界大会、World Chocolate Masters 2009で平井氏がチャンピオンに輝いたときの作品「Mode」(モード)だ。

10種のケーキはいずれもため息が出るほどに美しい。そして、ここまで美しく仕上げられたケーキがおいしくないはずがない、ということも、ひとつひとつを味わってみればよくわかる。たとえば一口に「チョコレート風味のケーキ」といっても、使用するチョコレートの種類や分量、ほかの食材との組み合わせ方などで味わいも食感も全く違う。どれが一番好きか、そんなことを決めるのが不可能に思えるくらい、どれも味わい深いのだ。

左上から(時計回りに)、オレンジノワゼット(World Pastry Team Championship 2004, Las Vegas、潮騒(Coupe du Monde de la Patisserie 2005,Lyon)、プティガトーショコラ(ボワロン杯 2011 ,Tokyo)、アパッショネイト アランチャ(Le Mondial des Arte Sucres 2008,Paris)

カットしたときの断面まで美しいのも一流の証。すっとフォークを入れたあと、その完成度に思わず見ほれてしまうほどだ。この小さなケーキをひとつ作るのに、一体どれほどのイマジネーションと探究心が費やされているのか、想像せずにはいられない。

格調高いボックスに入った「シェフズタイムライン」の蓋を開けた瞬間、10個の美しいケーキに感嘆するだろう。そして断面の美しさに見ほれ、その多様で完璧な味わいに感動する。それは間違いなく人を幸せにする芸術作品だ。

フィオレンティーナ ペストリーブティック
東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京 1F
TEL 03-4333-8713
営業時間 9:00-22:00

撮影 SHIge KIDOUE
取材・文 山根かおり

matricaria

人気の記事

プロダクト情報

  • 4C
  • 4C Spider
  • GIULIETTA
  • MITO