• Mondo alfa
  • ~Be Yourself~アルファ ロメオが提案する自分らしく生きる社会づくりとは
2016.05.05

~Be Yourself~アルファ ロメオが提案する自分らしく生きる社会づくりとは

アルファ ロメオが掲げるブランドスローガン「Be Yourself」。自分らしく生きよう、という想いが込められたこの言葉をまさに体現したLGBTイベント「東京レインボープライド2016」が今年も開催される。今回はこのイベントを通して伝えたい、アルファ ロメオのエモーショナルな魅力を紹介する。( 写真は全て前回の「東京レインボープライド2015」より )

150512_Alfa_10

自分らしく生きる、それがアルファ ロメオの「Be Yourself」

ディズニー史上最高のヒットとなった『アナと雪の女王』。その主題歌である「Let it Go 〜ありのままで〜」は、子供から大人にまで、自分らしく生きることの勇気を与えてくれた。また、世界25の言語で歌われ、自分を解放して生きる心地よさや自由であることの大切さが、世界どこでも一緒なのだという想いを共有させてくれたところがまた良かった。いまでも子供たちが「レリゴ〜、レリゴ〜」と口ずさんでいるのを時々耳にするが、この「アナ雪」の歌を聞いて、もうひとつ連想するのがアルファ ロメオの掲げる「Be Yourself」のブランドコンセプト。これも「Let it Go」と同じで、「自分らしくいようよ」と呼びかけるものだ。

150512_Alfa_01

アルファ ロメオには、自己の表現を大切にするイノベーティブなブランドというイメージがある。また、それを表現する社会貢献活動がいつも斬新だ。それがよく表れているのが、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)コミュニティの支援。これは、LGBTの認知を拡大する、ファッションやアート、音楽に高い感度を持つLGBTの人たちと一緒に、表現することの楽しさを広めていこうというもので、セクシャルマイノリティへのサポートが遅れている日本においてはいっそう異彩を放つに違いないと直感した。

実際にアルファ ロメオのイベントに行ってみると、その斬新な切り口に驚かされることが多い。目的意識の高いコラボレーターと共同で行うイベントもよく目にするが、そこでアルファ ロメオと手を組むNPO団体の活動を知ることも、視野が広がって楽しい。たとえばコラボレーターのひとつであるグッド エイジング エールズは、LGBTが豊かに楽しく歳を重ねていけるような世界を目指すNPO法人。アルファ ロメオは2011年からサポートしていて、同年7月にはLGBTもそうでない人も交流を楽しめる「カラフルカフェ」を設立。葉山の海に面した心地よいロケーションにある。また同じ年から東京・表参道で行われている「国際レズビアン&ゲイ映画祭」は、LGBTをテーマにしたフィルム・フェスティバル。クリエーターによりさまざまな切り口で作られたフィルムを鑑賞できる。そしてもうひとつ、セクシュアルマイノリティが、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指すのが「東京レインボープライド」だ。

今年も開催される「東京レインボープライド」

ちょうど今年も、その東京レインボープライドの季節がやってきた。5月7日(土)と8日(日)に東京・代々木公園で開催されるこのイベントは、まさに個と情熱の表現の舞台といった趣。約3000人が虹色を身につけ練り歩くパレードは日本最大規模。出展ブースも多く、華やかに賑わう。今年はCharaさんのスペシャルライブをはじめ、さまざまな催しが企画されている(詳しくはHPにて)ので、盛り上がりは必至。今年もアルファ ロメオはその支援を行っている。

人生をともに楽しむ社会づくり

アルファ ロメオのアプローチがスタイリッシュだと感じるのは、こうした支援活動を通じて、ブランド像がしっかりと浮かび上がっているところだ。アルファ ロメオのクルマは、なにかこう日常にワクワク感を与えてくれそうなエモーショナルな魅力があり、映画にも主人公の個性を演出するツールとしてたびたび登場している。自分の表現を大切にしているクルマというイメージがあり、そういうブランドが横から目線で“個”の尊重を訴えているところが、じつにしっくりくるのだ。社会活動だと大手を振るうのではなく、美や情熱の表現を通じて人生をともに楽しもうというのが、アルファ ロメオ流なのだろう。

【東京レインボープライド2016イベント概要】
日時:5月7日(土)と8日(日)
場所:東京・代々木公園
HP :東京レインボープライド2016

文 曽宮岳大

人気の記事

プロダクト情報

  • 4C
  • 4C Spider
  • GIULIETTA
  • MITO