• Mondo alfa
  • サントーニ。美しい人生を生きるためのイタリアンシューズ ~最高の休日ドライブを求めるアルフィスタにお勧めのシューズをピックアップ~
2017.08.17

サントーニ。美しい人生を生きるためのイタリアンシューズ ~最高の休日ドライブを求めるアルフィスタにお勧めのシューズをピックアップ~

イタリア発祥のシューズブランド、サントーニの国内初旗艦店『Santoni TOKYO』が銀座にオープン!

_MG_0233

たとえばアルファ ロメオがただ速いだけだったなら、我々はさして興味を示さなかっただろう。ではなぜ発祥地であるミラノ市の紋章を掲げるクルマに心を動かされるのかと言えば、美しいという他にないからだ。それは見た目に留まらず、レースで培った運動性能や、伝統を大事にしながらも常に革新を求める姿勢のすべてに、美が感じられるという意味である。
Viva la Vida.“美しい人生”と訳されるこの言葉は、イタリア人が目指す生き方を表しているという。サントーニという靴にもまた、この上ない美しさが宿っている。

強烈なまでのメイド・イン・イタリーへのこだわり

_MG_0272

_MG_0269

ブーツの形をしたイタリアのふくらはぎ辺りに位置するマルケ州コッリドーニア市。同国内では古くから製靴産業が盛んなことから、靴の聖地と呼ばれる街で1975年にサントーニは生まれた。それから約40年で世界中の伊達男を唸らせるブランドに成長したが、名だたるメンズシューズブランドの多くが100年超の歴史を有している事実に鑑みれば、サントーニの若さは際立つ。にもかかわらず、このイタリアンブランドが名門に割って入るほどの支持を集めたのはなぜか? メイド・イン・イタリーへのこだわりが強烈だからだ。
産業のグローバル化が当然となった現在でも、デザインから製造に至るその一切をサントーニは海外に出さない。完璧なクォリティコントロールを実施するにはそれ以外の手段がないからだ。しかも靴づくりでもっとも重要な底付け作業を行う職人たちは、モデル別で10通り以上もある伝統技法をマスターしているという。そしてまたどの業界でも深刻な職人不足に対しては、サントーニ自ら職人育成学校を設立し、次世代を育てる徹底的な努力を行っている。

工芸品のようなハンドカラーペインティング

_MG_0180

_MG_0192

そうした靴づくりの本質的な技術力と両立しているのが、これまた高度なテクニックが求められるハンドカラーペインティングだ。単色の冴えも見事だが、特にサントーニは工芸品のようなグラデーションが素晴らしい。手を抜けば、という表現は語弊があるだろうが、一枚の革で濃淡をつけるのではなく、パーツ別で色分けすれば作業工程もカラーバリエーションの出し方も楽になるはずだ。しかし、サントーニはそれを拒否する。伝統に裏打ちされた製法と感性。そして常に革新を求めるデザインこそが彼らの生命線であり、唯一無二なメイド・イン・イタリーに期待されるすべてであることを知っているからだ。この時代、これほどまでに自国のスタイルにこだわったブランドは稀有だ。あるいは奇跡と言っていいかもしれない。

「イタリア人にとって美しさやカッコよさは絶対に正しいもの」

_MG_0364

_MG_0207

_MG_0221

2017年4月。サントーニの国内初旗艦店『Santoni TOKYO』が銀座にオープンした。サントーニの世界観を凝縮した形で体感できるという意味で、今後さらにファンを増やすための重要拠点になるのは間違いない。
「90年代末に始まったクラシコイタリアブームの中で、サントーニはまずレザースニーカーで注目を集めました。それは現在も定番商品になっていますが、メインと言えるのはやはり伝統的な紳士靴です。そのラインナップをご覧いただける場所をご提供できたのは我々にとってもうれしいことです」。そう語ってくれたのは、『Santoni TOKYO』副店長の山尾守広さんだ。山尾さんから見たサントーニの魅力とは何だろう。
「あくまで個人的な意見ですが、見た瞬間に心が躍る美しさに尽きると思います。それに触れると気持ちが上がり、実際に履けば今日1日を楽しく頑張れる気がしてくる。おそらくクルマも靴も、イタリア人にとって美しさやカッコよさは絶対に正しいものなんでしょうね。それに賭ける情熱がサントーニにはあふれています」
やはり、Viva la Vidaなのだ。美しく生きる正義を貫くイタリアの靴とクルマ。そのマリアージュがどんな幸福をもたらしてくれるか、想像するだけで気分が上がるというものだ。最後に、最高の休日を求めるアルフィスタにお勧めしたいシューズを紹介する。

_MG_0302

_MG_0307

_MG_0310
▲レザーローカットスニーカー B35B 7万4000円(税別)

レザーローカットスニーカー B35B
日本で高級レザースニーカーの火付け役となったサントーニ。新作のレザースニーカーは2つのバックルを備えたダブルモンクのデザインが特徴的。ブルーのグラデーションや底材のアンティーク加工など、サントーニ特有の技法が存分に楽しめる1足だ。

_MG_0316

_MG_0326

_MG_0333
▲スリップオン B45B 13万5000円(税別)

スリップオン B45B
ヨーロッパで人気が高いというボリュームのあるモデル。伝統的な装飾のキルトやウィングチップにベルトを加えるという多要素の組み合わせながら、バランスよくまとめるデザイン力に脱帽。同系色のグラデーションも見事。

サントーニ トーキョー(Santoni TOKYO)
場所:東京都中央区銀座 6-7-7 第3岩月ビル1F
営業時間:11時00分〜20時00分
TEL:03-3572-5152

PHOTOGRAPHY: 横山マサト
TEXT: 田村十七男

人気の記事

プロダクト情報

  • 4C
  • 4C
  • 4C Spider
  • GIULIETTA
  • MITO