人にはみな、素晴らしい個性がある。その違いを理解し、認めあって、誰もが輝ける世界をつくっていきたい。
Alfa Romeoは、そんな想いをかたちにするため、
多彩なパーソナリティをサポートするNPOの活動支援やクラウドファンディング※1プロジェクトを展開しています。
それは、ひとりひとりが集まった社会全体で共有できる価値の創造を目指した、CSV※2活動。
それぞれの個性やスタイルを尊重し、民族、セクシャリティ、ハンディキャップを超えて、すべての人が自分らしく生きていける社会の実現を目指します。
※1「クラウドファンディング」とは、インターネットを通じて多くの人々や組織に、財源の提供や協力を募るもの。
世界各地で幅広い分野への出資に活用され、注目を集める支援・出資形態です。

※2 CSVとは、Creating Shared Value = 共通価値の創造の略称。企業が、社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値も創造することを意味する。「企業の社会的責任」を果たす活動を企業の事業活動そのものとして捉え、戦略的に展開していくことで、経済成長と社会的イノベーションを長期的に実現していく考えである。

『Share your heart』は、FCAジャパン株式会社の5つのブランド(Alfa Romeo、 CHRYSLER、FIAT、Jeep®、ABARTH)が、それぞれ共感する社会貢献プロジェクトを皆様とチカラを合わせてサポートし、実現を目指す活動です。

協力団体

LGBTが自分らしいライフスタイルを楽しみ、活き活きと歳を重ねていける社会をつくるために。世界には、男性と女性だけではなく、いろいろなセクシュアリティを持つ人がいます。みんなそれぞれに、自分自身を表現するために適した性と、好きになる他者の性があることを理解し、尊重できる社会をつくるため、気軽に参加できるワークショップやプロジェクトを企画・運営しています。※LGBTとは、レズビアン(Lesbi an)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bi sexual )、トランスジェンダー(Transgender )の頭文字をとったセクシュアル・マイノリティを総称する言葉のひとつです。
※LGBTとは、レズビアン(Lesbi an)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bi sexual )、トランスジェンダー(Tr ansgender )の頭文字をとったセクシュアル・マイノリティを総称する言葉のひとつです。

性別・国籍・年齢・身体などのハンディを取り払い、みんなが共感・共存・寛容できる、ダイバーシティな街づくりを目指して。『ピープルデザイン研究所』は、ファッション・スポーツ・エンターテイメントなどの視点から、すべての人が自然と混ざり合う社会を目指すソーシャル・プロジェクト「ネクスタイド・エヴォリューション」のプラットフォームを活用し、様々なイベントを通して “心のバリアフリー” をクリエイティブに実現する活動を展開しています。

視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を目指して。音の出るボールを使うブラインドサッカーは、2020年の東京大会で実施されるパラリンピック競技です。「日本ブラインドサッカー協会」は、日本代表選手の強化はもちろん、学校への出張授業や企業研修のプログラム提供などのダイバーシティ事業も展開しています。Alfa Romeoは、2017年3月に誕生した「ブラインドサッカー女子日本代表」を応援しています。

CSVカテゴリーの新着記事