Creativity 2018.04.05

Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

AppleがAIスピーカーの新製品となる『HomePod』を発表。2月9日に本国アメリカを含む、3カ国で販売を開始した。身近に体感できる人工知能により、私たちの生活はどのように変化するのだろうか? 起業家・フューチャリストとして、多角的に未来の在り方を提言する小川和也氏に伺った。

AppleのAIスピーカー『HomePod』は、高音質なスピーカーテクノロジーとSiriの知性を併せ持つ未来型デバイス。Appleの真骨頂とも言える、高さ7インチ弱のシンプルかつ美しいフォルムも特徴だ。アルファ ロメオ『ジュリア(GIULIA)』のインフォテイメント・システムにもApple CarPlayが搭載されるなど、少しずつだがAIスピ―カーを始めとする “音”にまつわるテクノロジーが次世代の様相を呈してきている。

『HomePod』及びAIスピ―カーの魅力を、北海道大学で人工知能研究に従事するとともに、J-WAVE 『TOPPAN FUTURISM』ではナビゲーターを務める起業家・フューチャリストの小川和也氏にインタビュー。すると、メディアではあまり語られないAIスピ―カーの本質とテクノロジーの意義が浮かび上がってきた。

20180328_qetic-alfa-0073 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観起業家・フューチャリストの小川和也氏。

AIスピ−カーにとって大事な“必然性”

『HomePod』は、6個のマイクで音声をコントロールし、Siriを使っての音楽プレイリストの選曲や、メッセージの送受信、さらにはスマートホームデバイスを操作することで照明を点けたり、シェードを下ろしたりすることも可能なAIスピーカー。AIスピーカー自体、昨年から今年にかけてAppleだけでなくAmazonやGoogleなども新商品を発表するなど、盛り上がりを見せている。

「AIスピ―カーに関して、AppleやAmazon、Googleなどのビッグプレーヤーたちが参入してきているということは、成功の自信があるということ。AIスピーカーは成り立つかというよりは、どのように進化するかという観点で見ています」

Appleと言えばもちろん音楽。『HomePod』に関しても、音楽を軸にライフスタイルに寄り添った機能を今後も重視してくることが予想され、さらに生活に寄り添ったデバイスという意味ではデザインも重要。シンプルかつどんなインテリアとも違和感の無い『HomePod』のフォルムは、Appleの真骨頂とも言えるだろう。

homepod_availability_applemusic_012318 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観『HomePod』はAppleの強みである音楽を軸にした機能を重視してくることが予想される。

ただし、現時点ではAIスピーカーというものがまだまだ消費者にとって馴染みの薄いものであることは否めない。それに関して小川氏は“必然性”が重要になってくると考える。

「今は音楽を聴くという部分の比重が大きく、その域を超えていないところがユーザーにとってある。それに関しては必然性をどう作るか、ということが大事になってくると思います。ただし、各社も現時点で出しているものは名刺代わりのようなもの。AIスピ―カーも取っ付きやすい音楽というコンテンツで生活の中に入っていっている段階なので、そこだけ切り取って良い悪いは語れないと思います」

20180328_qetic-alfa-0008 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

進化の鍵は“スピーカー”としての存在意義

必然性という観点で見ると、現時点では車の中の方が感じやすいのかもしれない。ただしそれも、さらに時代が進めば薄れてくる部分だと小川氏は語る。

「移動中はいろいろなことが制限されるため、移動しながらも外との繋がりを持てることが重要視される。当面は家の中よりも車の中でAIスピーカーが普及するのかなと。ただし例えばこの先、自動運転が普及するとハンドフリーで車が動くので、車の中で会議もできるし、仕事もできるし、ゲームもできるようになる。そうなると必然性の部分は薄れてくるのかなとは思います」

そうなって来た時に、「AIスピーカーをどのように発展させていくのか?」という核心の部分を、しっかりと理解している人は多くないだろう。

「家で言うと、ボタンを押してしまった方が早い場合もあります。それに対して、例えば“おはよう”と言ったらそれにまつわるアクションがすべて内包されているぐらい、便利さがイノベーティブでないとAIスピ―カーの可能性は開花しないと思います。おはようと言ったら洗面所の電気が付き、お湯が沸き……朝起きてすることの10タスクぐらいが、一気にできれば必然性を感じるでしょう」

20180328_qetic-alfa-0022 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

音声テクノロジーで何が飛躍的に便利になるのか、という部分がAIスピ―カーの進化にとって鍵となる。同時に、多くの人が見落としがちなのが「スピーカーである理由は何なのか?」という問いだ。

「AI“スピーカー”という名の通り、音が出るデバイスなので、その意味をどこまで追求できるかが鍵。自己学習して音質を変えたり、どこから聴いても質の高い音を聴くことができたりという部分を、Appleは意識していると思います。今の若い子たちは圧縮したデジタルデータで聴くことに慣れてしまっているので、昔みたいに良いスピーカーで音楽を聴く習慣が無くなり、極端な話、聴ければよくなってきている。AIスピーカーはスピーカーとしての形状を保っている以上、スピーカーとしての機能をどう際立たせるか、という点が重要になってくるでしょう。それでなければスマートディスプレイでいいわけですから。スピーカーは良い音質で音を伝えられるもの――その本質を見落としてはいけません」

HomePod-Availability_internal-parts_012218 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観スピーカーの本質は“音を良い音質で伝えられるもの”。

AIスピーカーが“音のこだわり”を現代に取り戻す

さまざまなテクノロジーが進化し、それを生かしたデバイスに囲まれて生活する私たちは、いつしか無意識のうちに、音に関するクオリティへのこだわりを捨ててしまっているのかもしれない。

20180328_qetic-alfa-0052 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

「僕はラジオという音で伝えるメディアで仕事をしていて、リスナーは車で聴いたりスマホで聴いたりいろいろな人がいると思うのですが、ちゃんとしたスピーカーで聴いている人は少ないと思います。また、車に関してもそうで、いつしかカーオーディオにこだわるような人も少なくなった。先日、北海道のライヴハウスでラジオを聴く企画があったのですが、やはりいい音で聴くとすごく感動するんですよ」

それはクリエイティヴにも影響が出ていて、音へこだわるアーティストにとっては切ない部分であるが、良い音質で音を聴くことを体験していない若者たちが多くいることも事実だ。

「今の若い子たちは良い音を体験していないだけで、体験すれば理解できると思うんですよね。この時代は五感の中で聴覚に関しては、クオリティが疎かにされている。スマホでイヤホンを通して聴くことに慣れている人は、スピ―カーで質の高い音を聴くと体感も全然違うはず。人々が再び音にこだわるようになるきっかけに、AIスピーカーがなればいいなと思います」

20180328_qetic-alfa-0030 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

AIスピーカー、音へのこだわり。そう考えた時に、Appleは音楽という圧倒的な強みを持っているため、それらのキーワードとの親和性が高い存在と言えるだろう。

「AIスピーカーはどんな進化を遂げようとも、“いい音で聴こえる”ということがベースに無いといけないのではないかと思います。そうでないと他のスマートデバイスに置き換えられてしまう余地がある。音以外の機能を内包しただけならミニロボットでもいいわけですから。だからこそなぜ“スピーカー”なのか。Appleに期待するのはそこであり、最もこだわってほしい部分なのかなと思います」

これからますます進化を遂げ、新商品が市場に登場するであろうAIスピーカー。ただし、どんな機能が搭載されていても、肝心の音が悪かったらスピーカーである意味が無い。ユーザーにはAIスピーカーの“利便性”を享受するとともに、良質な音に触れ、感性を洗練させる“至高性”も堪能してほしい。

名称未設定-3 Apple AIスピーカー・HomePodが変える、明日からの生活と音への価値観

INFORMATION
HomePod※日本での発売時期は未定。

URL https://www.apple.com/homepod/

 

TOPPAN FUTURISM

放送局 J-WAVE(FM 81.3MHz)
放送日時 毎週日曜日 21:00〜21:54
URL http://www.toppan.co.jp/jwave/index.html

Text:ラスカル(NaNo.works)
Photos:大石隼土

POPULAR