Diversity 2018.05.21

東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

今年も国内最大のLGBTQイベント、東京レインボープライド2018が開催された。その開催趣旨に賛同し、初年度からサポートしているアルファ ロメオも、4C スパイダーを先導車にパレードに参加。今回はイベントに参加した人々の声と共に当日の様子をお届けする。

今やゴールデンウィークの恒例イベントとなった国内最大のLGBTQ(※1) の祭典、東京レインボープライド。今年は4月28(土)から5月6(日)にかけて、東京をはじめとする国内各地で“プライドウィーク”と題して約80本近くのイベントが実施され、5月5(土)と5月6(日)には、代々木公園イベント広場&野外ステージでプライドフェスティバルが開催された。

(※1) LGBTQ=セクシュアル・マイノリティの総称のひとつ。L(レズビアン/女性同性愛者)、G(ゲイ/男性同性愛者)、B(バイセクシュアル/両性愛者)、T(トランスジェンダー/性別越境者)、Q(クエスチョニング/自身の性自認や性的指向が定まっていない人のこと)。

今年のテーマは“LOVE&EQUALITY”。キース・ヘリング生誕60周年の2018年、彼の作品とともに掲げられたこのテーマには“すべての愛に平等を。”というメッセージが込められている。そしてその想いに賛同した来場者は、プライドフェスティバルの2日間で過去最高の14万人にも上った。

180506_Q_AlfaRomeo_0004 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0042 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

さまざまなイベントが行われる中、ハイライトは最終日に行われたパレード! 代々木公園メインイベント広場から渋谷・原宿の街を約7,000人の参加者とともに大行進したパレードに、アルファ ロメオグループも『Alfa Romeo 4C Spider(アルファ ロメオ 4C スパイダー)』を先導車に参加。今回はこのパレードを中心にイベントの模様をレポートする。

180506_Q_AlfaRomeo_0626 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

レインボーカラーと笑顔があふれる、一年に一度の祭典

東京レインボープライドは、LGBTQをはじめとするセクシュアルマイノリティが、 差別や偏見にさらされず、かつ自分らしく生きていくことができる社会の実現を目指して2012年にスタート。イベントを通して、LGBTQ当事者ならびにその支援者と共に“性”と“生”の多様性を発信し、同時に彼らがポジティブなバイブスを持って集まれる場として年々規模を拡大している。

このコンセプトに賛同し、初年度からさまざまな形で東京レインボープライドをサポートしてきたアルファ ロメオは、今年で7度目の参加となった。

180506_Q_AlfaRomeo_0353_trim_2 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ中央左からFCAジャパン株式会社 CEO ポンタス・ヘグストロムさん、マーケティング本部長 ティツィアナ・アランプレセさん。

プライドフェスティバルが開催された代々木公園イベント広場に着いてまず目に入ってきたのは、参加者の多さと彼らの笑顔。 参加者は“WE ARE ONE”Tシャツやトートバック、サングラスやシリコンバンドなどのレインボー柄のファッションをそれぞれがコーディネートし、さまざまな企業やショップの出展ブースを巡りながら、同じ境遇の人々との出会いや再会を心から楽しんでいた。

180506_Q_AlfaRomeo_0089 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0075 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

また、体感的に外国人の参加者も多かったように感じる。海外では今年1月に開催された第60回グラミー賞で、音楽シーンを代表するトップスターたちが“白いバラ”を身につけてジェンダーの平等を訴え、3月の第90回アカデミー賞では、トランスジェンダーの主人公を描いた『ナチュラルウーマン』が外国語映画賞を受賞した。そういった海外での潮流が、この場所にも影響しているのかもしれない。

スパイダーの登場&マリアの歌声とともにパレードがスタート!

今年のパレードには、過去最高の37グループが参加。代々木公園渋谷口をスタートし、公園通りから明治通りを通りながら、渋谷・原宿の街をぐるっと回って戻ってくるルートだった。

アルファ ロメオが掲げているメッセージは“Be yourself”。そこには“すべての人々が自分らしく輝ける社会の実現を目指す”というメッセージが込められていた。また、彼らが着ていた自由という文字が描かれたTシャツは、21歳の時に遠位型ミオパチーという病気を発症しながら、その後、口に筆をくわえて描く“こころMoji”というアート活動をしている浦上秀樹さんがデザインしたもの。このTシャツからもアルファ ロメオのメッセージを感じるとともに、和のデザインは一際目立っていた。

180506_Q_AlfaRomeo_0167 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_1054 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

そしてついに、アルファ ロメオも先導車の4C スパイダーとともにパレードをスタート! 今年のパレードにおけるスペシャルな演出は、声楽家のマリアセレンさんの参加だった。両声ヴォーカリストとして、ソプラノとテノールの声を歌い分けるダイナミックな歌声はパレードでも注目の的となっており、『乾杯の歌』や『ヴォラーレ』、『タイムトゥセイグッバイ』などをアルファ ロメオグループと熱唱。サウンドシステムだけではない、生の歌声は特別な魅力を放っていた。

180506_Q_AlfaRomeo_0226 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0460 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0557 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0529 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

行進中にはパレードの参加者と観客のハイタッチや、「Happy Pride!」のコール&レスポンスが絶えず行われていた。また、東京レインボープライドのことを知らない人も、パレードの音楽や声に誘われて続々と沿道に詰めかけ、このイベントを盛り上げていた光景が印象的だった。

180506_Q_AlfaRomeo_0686 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

180506_Q_AlfaRomeo_0508 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

パレード終了後、FCAジャパン株式会社 マーケティング本部長のティツィアナ・アランブレセさんに、パレードおよび今年の東京レインボープライドの感想を聞いた。

「参加する企業やブランドがどんどん増えていますし、観客に子どもを連れた親子なども多く見かけました。このようなイベントに参加することによって、社会全体でのアクセプタンスが高まることが大切だと感じています。また、性別のダイバーシティだけでなく、国籍なども含めて、みんなが参加できる東京レインボープライドは日本ではとてもユニークなイベントだと思います。マリアさんはオペラシンガーなので、イタリアのブランドとの相性もぴったりだったのでお願いしました。彼女も“Be Yourself”というメッセージを発信している人ですので、出演してくれてうれしかったです」

180506_Q_AlfaRomeo_0856 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージFCAジャパン株式会社マーケティング本部長、ティツィアナ・アランプレセさん。

音楽というエッセンスでアルファ ロメオのパレードに花を添えたマリアさんは、意外にも今回が初めての東京レインボープライドへの参加だったという。

「私も当事者ですし、“Be Yourself”というテーマはとてもいいものだと思っています。特に日本だと“男らしく生きなさい”“女らしく生きなさい”と言われることが多いと思うのですが、そういったものはいずれ消えゆくボーダーラインだと思っているので。セクシュアル・マイノリティの人たちのことを、どこか遠い存在のように感じてしまう人もいるかもしれませんが、こういう楽しい体験で私たちを身近に感じてくれるイベントに参加してくれたら、それはとても意義のあることだと思います」

180506_Q_AlfaRomeo_0814 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ声楽家のマリアセレン氏。

また、パレードに参加した人たちも、このイベントからポジティブなメッセージを感じていた。

「今年で3回目なんですが最高でした! 毎年人も増えてるし、今年はマリアさんの歌もすごいよかったです。この後には浜崎あゆみさんも来るみたいなので楽しみ。“Be Yourself”というテーマもこのイベントをキッカケに広まっていってほしい」(ウィリーさん)

180506_Q_AlfaRomeo_0921 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

「2年前に参加して、今回が2回目なんですが、沿道の観客もふくめて日本の方が増えたと思います。意識的に参加する人だけじゃなくて、このイベントを知らなかった人の反応も良かった。僕の20代の友人などで、カミングアウトする人も増えてきた気がします」(エピさん)

180506_Q_AlfaRomeo_0950 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

「今回は友人に誘われて初めて参加しました。パレードはみんな生き生きしていて、ポジティブで、単純に楽しかったです」(Takaseさん)
「お店もファッションも、ルートのgoogleマップもレインボーになっていて素敵でした。あとアルファ ロメオとマリアさんとのコラボがぴったりでした!」(Shokoさん)

180506_Q_AlfaRomeo_1000 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

セクシュアル・マイノリティの抱える問題をデモのような形で発信するのではなく、フェスティバルやパレードとしてハッピーな形で表現する――実際にパレードに参加してみて感じたのは、これは“賛成”を求めるものというよりは、“共感”を呼ぶものだということ。今年初めて参加した人も、きっと東京レインボープライドに対してポジティブなマインドを感じてくれていることだろう。

180506_Q_AlfaRomeo_0917 東京レインボープライド2018で、アルファ ロメオが発信する“Be Yourself”のメッセージ

Text:ラスカル(NaNo.works)
Photos:加藤 潤

POPULAR