• Mondo alfa
  • Giuliettaに会えるバレンタインイベント@表参道ヒルズ
2012.02.13

Giuliettaに会えるバレンタインイベント@表参道ヒルズ

バレンタインを間近に控えた2月9日、恋人たちや家族連れでにぎわう表参道ヒルズにAlfa REDのGiuliettaが姿を現した。思いがけないクルマの展示に思わず脚をとめる人、至近距離まで顔を寄せてじっくり眺める人、すぐそばに立って一緒に写真を撮る人──Giuliettaの上陸を待ち望んでいた人も、初めて知ったという人も、一様に「カノジョ」の魅力に取り憑かれている。


2月14日まで表参道ヒルズにて開催中の「ALFA ROMEO LOVE GIULIETTA」OMOTESANDO HILLS×J-WAVE VALENTINE LOUNGEでは、入り口で本物のGiuliettaに会えるだけでなく、本館BF3の「スペース オー」にて、バレンタインにふさわしいさまざまな企画が楽しめる。
 
 

レッドカーペットの敷かれた階段を下りて最初に目を奪われるのが、インタラクティブアーティスト・松尾高弘氏の有機ELチェア「OLED COLOR CHAIR」だ。誰も座らない状態ではAlfa Romeoのエンブレムが映し出され、人が座るとそれに呼応して目の前の映像とイスの色が変化していく。実際に体感してみていただきたい、魅惑的な空間だ。

「今回のカラーは3パターン。ひとつはレッド&ピンクで、このときはI AM GIULIETTAのイメージ映像が映し出され、ブルーのときはGiuliettaのCMが、そしてアンバーのときはGiuliettaヒストリーが流れます」と松尾氏。〔OLED協賛:三菱化学株式会社〕
 
名車の歴史に刻まれる名を受け継ぎ、美しいイタリアンデザインと上質な車内空間、そしてハイパワーを放つマルチエアエンジンや革新トランスミッションなどの最新テクノロジーをも実現した新生Giulietta。その刺激的な走りと快適な乗り心地は、乗った人を虜にする魅力に満ちている。美しさも走りも、まさにアートのような存在。

Giuliettaの芸術性に触発された各分野の日本人アーティストがオリジナル作品を生み出す「THE DRIVE ART」。今後、このプロジェクトに参画するアーティストたちのパネルも、表参道ヒルズ「スペース オー」にてご覧いただける(14日まで)。

「THE DRIVE ART」参加アーティストのひとりである、ギタリスト/ソングライター/プロデューサーのTAKUYA。2月9日のオープニングパーティでは、スペシャルライブを披露してくれた。
 


今回のイベントはバレンタインのスペシャル企画であるだけに、会場内では人気チョコレートショップも連動。イタリアの有名なスイーツブランドBABBI、スイスの老舗ショコラティエBlondel、熊谷喜八と宮下大輔のダブル監修によるパティスリーSHUN、NYのチョコレート専門店5th AVENUE Chocolatiere、個性派ぞろいの猫たちをモチーフにしたCATS STREETの5店舗が並び、バレンタインデーにぴったりのチョコレートを販売している。

表参道ヒルズ本館3階のイタリアンレストラン「SALVATORE CUOMO」では、Giuliettaにちなんだ「Love Giulietta」限定コースとスペシャルスプマンテ、赤ワインを提供中。
 

期間中は、Tシャツやキーホルダー、ミニカーといったAlfa Romeoのオリジナルグッズを特別販売するほか、ブース内に設置したLove BoxにGiuliettaへの愛のメッセージを投函していただいた方の中から抽選で、Giuliettaスペシャルプレゼントパッケージも進呈。
 
Alfa Romeoの歴史と未来を凝縮したGiuliettaの魅力をいち早く体験できる「ALFA ROMEO LOVE GIULIETTA」OMOTESANDO HILLS×J-WAVE VALENTINE LOUNGE。大切な方といっしょに、ぜひ脚をお運びください。

「ALFA ROMEO LOVE GIULIETTA」OMOTESANDO HILLS×J-WAVE VALENTINE LOUNGE

取材・文 山根かおり

企画も手がける編集ライター。利き酒師。クッキングインストラクター。おいしいもの、こだわりの人、すてきな場所、丁寧な手仕事を目にすると、「もっと多くの人に伝えたい」と思わずにはいられない。旅と食が好き。旅先で地元の人が利用する市場やスーパーで調味料や食材を買い込み、帰国してからその味を再現するのが目下の楽しみ。Mondo Alfaでは、カメラマンの夫と共に真にすばらしいモノやコトを探して伝えている。

matricaria

人気の記事

プロダクト情報

  • 4C
  • 4C
  • 4C Spider
  • GIULIETTA
  • MITO