• Mondo alfa
  • LGBTとアライのための『LLAN』主催イベント<Equality Gala〜多様性と調和〜>の当日の模様をレポート
2017.10.10

LGBTとアライのための『LLAN』主催イベント<Equality Gala〜多様性と調和〜>の当日の模様をレポート

平等と実現を願って毎年開催されている<Equality Gala>。今回アルファ ロメオもプラチナスポンサーとして参加しました。盛大に行われたイベントの様子をお伝えします。

DSC_8648

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどの性的少数者)とアライ(ally、「味方」「同盟者」の意)のための弁護士・支援者ネットワーク『LLAN(LGBT Lawyers & Allies Network)』は、2017年9月19日(火)、東京・神保町の『学士会館』にて、昨年に引き続き<Equality Gala〜多様性と調和〜(イクオリティ ガラ)>を開催した。

DSC_8561

『LLAN』は、2016年2月に外資系法律事務所の数名の弁護士らにより設立された任意団体だ。昨年に引き続き2回目の開催となった今回の<Equality Gala>には、170名以上を超える法律家やLGBTの支援者が集結。アルファ ロメオも同イベントのプラチナスポンサーとして参加。アルファ ロメオ『ジュリエッタ(GIULIETTA)』による、来日ゲストの空港までの送迎サービスを行った。

DSC_8689

<Equality Gala>では、日本のレズビアン及びゲイのカップルについての短編ドキュメンタリー『Love is Love』を上映、また、ゲストスピーカーによるスピーチが行われた。友人に声をかけられ、参加したという元陸上選手の為末大氏もスピーチを行っている。

DSC_8660

DSC_8750

「LGBTの友人はたくさんいます。彼らが困っているのなら助けたいと常に思っていますが、偏見を持っている人が可能性を制限していますし、スポーツ界はまだまだカミングアウトしづらい傾向があるのが実状。スポーツ界のできごとは、法律には影響はないが空気には大きな影響を与えます。東京オリンピックの際に何かを始めることができればすばらしいことではないでしょか。私も微力ながら協力していきたいと考えています」(為末氏)

DSC_8785

元オーストラリア最高裁判所裁判官のマイケル・カービィ氏も本イベントのために来日。裁判官として在職中よりゲイであることを公表しており、「法律家やスポーツ選手などがカミングアウトするケースはほとんどない」と、より結婚の平等を推進すべきだと語った。

2013年のイングランド及びウェールズでの婚姻における平等の実現に主要な役割を果たした、英国議会議員のニック・ハバート氏は、G7参加国のなかで同性カップルの法的保障がない国は日本のみであることを指摘する。

DSC_8800

「現在、24の国で同性婚が認められています。今年6月にはドイツ連邦議会で同性婚が認められ、G7のうち5か国が同性婚できることになりました。イタリアでもシビルユニオン(準同性婚)は認められています」(ハバート氏)

台湾の LGBT の権利活動の第一人者であり、2017年5月の同性婚判決を勝ちとった主任弁護士である許秀雯(Victoria Hsu)氏もまた、同性愛者であることを公表している。

DSC_8840

「台湾の大法官会議(憲法裁判所)は同性婚を認めていない現在の民法の規定は、婚姻の自由と平等という憲法の趣旨に違反しているという判断を下し、2年以内に法制化を要求しました。しかし、一刻を争うニーズを抱えている当事者にとっては、2年という時間は長すぎます」(許氏)

<Equality Gala>の終盤には、『コンラッド東京』や『ザ・リッツ・カールトン東京』の宿泊券など、スポンサー企業提供の豪華賞品が当たる抽選会を実施。アルファ ロメオからは「ゴルフバッグ・マーカー・フォーク・クリップセット」、「Alfa Romeo×JOTARO SAITO 特製デニムキモノ」を提供した。現代キモノ作家・JOTARO SAITO(斎藤上太郎氏)が創作したキモノの抽選は同イベントのハイライトとなり、黄色いドレスに身を包んだ、FCAジャパン株式会社マーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセが当選者に目録を手渡した。

DSC_8614

アランプレセが聞く、台湾、日本におけるLGBTを取り巻く環境

盛況に終わった<Equality Gala>の翌日、アランプレセが許氏にインタビューを行った。

DSC_8644

「婚姻の平等化に関して、台湾で具体的な行動がスタートしたのは1986年。あるゲイカップルが結婚を申し出たのですが認められなかったのです。それから31年、長い闘いでした。
台湾では2004年に、学校教育における性的指向の尊重や差別禁止などを明文化した、性別教育平等法が制定されました。以来、学校教育でもLGBTに関して議論されるようになり、これが5月の、婚姻の平等を認めないことを違憲とするという判決につながっていると考えます。フランスではいまや生まれてくる子どもの半分以上は婚姻外の両親から生まれています。世界的に見ても結婚というかたちは確実に変わってきています」(許氏)

DSC_8657-2

また、許氏自身のことについても尋ねた。許氏は大学時代に友人たちに同性愛者であることをカミングアウト。しかし両親には伝えられずにいたという。

「20代後半のときに恋人と別れ、ひどく落ち込んでいたときに母から“あなたはレズビアンか”と聞かれたのです。肯定すると、“わかった、ただお父さんはきっと動揺するからお父さんにそのことは言わないでほしい”と言われました。でも数年後、母は“お父さんに、あなたがレズビアンであることを言ったわよ”と(笑)。私のことをとても愛してくれた母は数年前に亡くなりましたが、母にカミングアウトできて本当に良かったと思っています」(許氏)

DSC_8719

「アルファ ロメオは “アイデンティティ”を大切するブランドです」

日本のLGBTをとりまく環境について許氏に尋ねると、「日本でも、北海道大学教授の鈴木賢氏は自らがゲイであることを公表し、活動していますが、政治家、法律家などで、もっと法律に挑戦しようとする人が必要だと思います」とコメントした。

DSC_8717

またアランプレセはアルファ ロメオが行うCSV活動について、「2011年1月からFCAジャパンおよび、アルファ ロメオ ブランドとしてLGBTコミュニティのサポートを行っています。じつはこれは本社指導のグローバルの方針ではなく、日本独自のCSV活動なのです。サポートを行おうとなったとき、グローバルの反応はナーバスでした。

私が社会貢献活動の一環として、LGBTコミュニティをサポートしたかったのは、アルファ ロメオはほかのブランド以上に“アイデンティティ”を非常に大切にしているブランドだから。サポート開始からまもなく6年、ようやく社内や販売店にも浸透してきましたが、ひとつの企業がこういったプラットフォームを作ることは決して簡単なことではありません。台湾で同性婚が容認されるまでには大変なご苦労があったと思います。私たちも地道に、私たちならではのサポートを続けていきたいと考えています」とコメントした。

2020年には東京五輪が開催される。真の意味でのダイバーシティを実現するために私たちに何ができるのか、いま改めて考える機会が来ているのかもしれない。

DSC_8733
▲出発前、取材を行った『ホテルニューオータニ』前にて

PHOTOGRAPHY: 安井 宏充
TEXT: Aya Hasegawa

人気の記事

プロダクト情報

  • 4C
  • 4C
  • 4C Spider
  • GIULIETTA
  • MITO