Passionista 2016.03.12

“結婚25周年の記念に、私はジュリエッタを選びました。” ALFA ROMEO OWNERS’ VOICE vol.7

神奈川県で医療関係のお仕事をされている日下部啓子さん。ジュリエッタと出逢ったのは、2015年の10月頃だという。「確か近所にアルファ ロメオのショールームがあったから、ちょっと見に行ってみようか」と軽い気持ちで訪れたところ、ひと目で、すっかりジュリエッタに魅了され、他のクルマに目もくれず、すぐに購入に踏み切ったとのこと。普段から通勤でクルマを使う啓子さん。ジュリエッタを手にしたきっかけは、結婚25周年と誕生日の記念として購入しようという、ご主人の粋な計らいだった。「仲の良い友人の家に遊びに行く時、アルファ ロメオのショールームの前を通るので、以前から“オシャレで綺麗なクルマだなぁ”って思っていたんです。それで“次に買うならアルファ ロメオかな”って、主人と話していました。これからは忙しい毎日の中にも、ジュリエッタをドライブする時間が私にとって癒しになりますね。」

“点数をつけるとしたら 100点は超えていますね。”

グリルやエンブレムはもちろん、シートの赤いステッチなど、ディテールに魅力を感じるという啓子さん。特に、エンブレムには運命を感じたという。
「アルファ ロメオのエンブレムに、大蛇が描かれているじゃないですか。実は、私、巳(へび)年生まれなんです。ジュリエッタを好きになった理由のひとつに、そういったことも関係しているのかもしれませんね(笑)。とにかく、カラーの良さや、ショールームスタッフの対応の良さも相まって、ジュリエッタに惹かれました。」
四半世紀連れ添ってきた夫婦の証として、日下部家にやってきたジュリエッタ。啓子さんの通勤に、そして休日の家族の移動手段にと、日々活躍している。
「もし、ジュリエッタに点数をつけるとしたら、100点は超えていますね。点数で表現するのは難しいのですが、言葉で表現するとしたら“ゴキゲン!”とか“はなまる!”って感じですね(笑)。」

POPULAR