• Mondo alfa
  • 第30回東京国際映画祭(2017)で上映のイタリア映画『ナポリ、輝きの陰で』と、話題の新作をご紹介!芸術の秋は、映画館で未知なる世界へ。
2017.11.02

第30回東京国際映画祭(2017)で上映のイタリア映画『ナポリ、輝きの陰で』と、話題の新作をご紹介!芸術の秋は、映画館で未知なる世界へ。

記念すべき30回目を迎える<東京国際映画祭>が10月25日(水)から開催中。上映作品や話題作をピックアップしてご紹介します。

main_CRATER.jpg_cmyk

1985年の誕生以来、国内外の映像クリエイターや俳優、そして多くの映画ファンが集結するアジア最大級の国際映画祭として成長を続ける<東京国際映画祭>。一般公開前のビッグタイトルをいち早く鑑賞できることも魅力だが、ここでしか見られない世界中の作品と出会えることは映画を愛する者にとって大きな喜びだ。実に30回目を数えた今年の<東京国際映画祭>も、欧米・アジアの注目作品から日本映画の新作/クラシックまで、話題の作品が多数上映されている。

そこで今回は、<第30回東京国際映画祭>の上映作品よりMondo Alfaがピックアップした4本の新作をご紹介。88の国と地域から、実に1,538本もの応募があったという名誉あるコンペティション部門に選ばれたイタリア映画『ナポリ、輝きの陰で』のレビューをはじめ、アルファ ロメオもCSV活動の一環として支援を続けている“LGBT”をテーマにした新感覚のアジア映画、アートの秋にぴったりな巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー監督による異色の最新作、さらにクルマ好きにはたまらない痛快のクライム・エンターテインメントまで、どの作品も必見だ。

■ 徹底したリアリズムで描く父娘の希望

「ナポリを見てから死ね」と言われるほど、イタリア有数の観光地として知られる南部の都市ナポリ。しかし、移民や低所得者が多く暮らす環境ゆえに、治安の悪化が叫ばれていることも事実だ。『ナポリ、輝きの陰で』は、この街でぬいぐるみの露天商として家族を養う父ロザリオ・カロッチャが、娘シャロンの歌の才能を見出し、彼女をシンガーとして売り出そうと夢を抱く物語である。

main_CRATER.jpg_cmyk
(c)Tfilm 2017

興味深いのは、2人が本当の父娘であるだけなく、実際にナポリで露天商として生計を立てる演技未経験者だったという事実。監督のシルヴィア・ルーツィ&ルカ・ベッリーノはドキュメンタリー畑出身だそうで、徹底したリアリズムに基づいて彼らの深層心理に迫っていく。ぶっきらぼうだけど愛に溢れたロザリオと、自由奔放なシャロンの関係性は前半こそ微笑ましいものがあるが、次第に娘への束縛がエスカレートしていく様や、狭い檻から飛び出そうと葛藤するシャロンの力強い表情。それは、極限まで被写体に迫るカメラワークも相まって、映画を見る我々の心をもヒリヒリさせるのだ。

10月26日(木)の初回上映後は、両監督とカロッチャ父娘がステージに登壇(なんと、サプライズでシャロンが劇中歌を披露!)。撮影も台本の時系列通りに行われたようで、「シャロンが遊園地で慟哭するシーンでは、思わず自分も泣いてしまったよ」とロザリオが明かしてくれた。この父娘が再び俳優の道に戻ってくるかどうかは分からない。だが、この作品には、貧しい生活に決して悲観することなく、光を求めて足掻く人々の“希望”が描かれている。一期一会の奇跡みたいな映画だ。

『ナポリ、輝きの陰で』公式サイト
http://www.alphaviolet.com/crater-il-cratere/

■ <第30回東京国際映画祭>で上映された新作・話題作をピックアップ!

『アリフ、ザ・プリン(セ)ス』

main_Alifu_The_Princess.jpg_cmyk

故郷の族長を継ぐ運命にありながら、女性になることを願う性同一性障害の主人公、アリフ。後継者問題と“LGBTQ”をテーマにした群像劇として高く評価され、「アジアの未来」部門に選ばれた話題作である。『父の初七日』(2010年)で知られるワン・ユーリン監督の新境地。
※LGBTQのQは、Questioningをさし、クエスチョニングとは、自身の性自認や性的指向が定まっていない人のことを指します。最近では、LGBTと言い表す際、Qをつけて “LGBTQ”という呼ばれ方をされるようになってきました。

『アリフ、ザ・プリン(セ)ス』公式サイト
http://www.alifufilm.com/

『エンドレス・ポエトリー』

main_Endless_Poetry.jpg_cmyk
(c)2016 SATORI FILMS, LE SOLEIL FILMS Y LE PACTE

御年88歳のホドロフスキー監督による新作は、実の息子ブロンティスとアダンを父親/本人役に据えて、自らの青年時代にタイムスリップ。現実と虚構の区別がつかないエキセントリックな映像美に翻弄されつつも、「生きること」を強く肯定してくれるエネルギーに満ちた傑作だ。11月18日(土)より全国順次公開。

映画『エンドレス・ポエトリー』予告編

『エンドレス・ポエトリー』公式サイト
http://www.uplink.co.jp/endless/

『ローガン・ラッキー』

main_Logan_Lucky.jpg_cmyk
(c) 2017 INCARCERATED INDUSTRIES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『オーシャンズ11』シリーズで知られる、スティーヴン・ソダーバーグによる最新作。全米最大のカーレースの裏側で繰り広げられる現金強奪事件をテーマに、『007』などで活躍するダニエル・クレイグらが好演。監督引退を撤回させたという、驚きの脚本をぜひスクリーンで堪能しよう。11月18日(土)より全国順次公開。

映画『ローガン・ラッキー』予告

『ローガン・ラッキー』公式サイト
http://www.logan-lucky.jp/

NetflixやHulu、Amazonプライムビデオのような動画配信サービスの普及により、映画鑑賞はグッと身近なものになった。しかし、気の置けない仲間たちや恋人、あるいは家族と一緒に劇場へ出かけ、巨大なスクリーンで映画を見る経験というのは、どれだけ時代が移り変わっても特別なものだ。

今年の<東京国際映画祭>は明日で終了となるが、コンペティション部門のグランプリに輝いた作品や、もっとも観客の支持を得た作品は今後一般公開される可能性もある。あなたもぜひ、映画館で未知なる世界へ飛び込んでみてはいかがだろうか?

Information
<第30回東京国際映画祭>
開催期間:2017年10月25日(水)〜11月3日(金・祝)
会場:六本木ヒルズ(港区)、EXシアター六本木 他
公式サイト:www.tiff-jp.net/

TEXT: UK