すべての人々が、
自分らしく生きていける社会のために。

私たちアルファ ロメオは、すべての人々が障がい、人種、 そしてセクシュアリティによって排除されることのない、
自分らしく輝ける自由な社会の実現をめざしています。
2011年より“Be yourself.”プロジェクトを通して、
日本における“インクルーシビティ(混ざり合う社会)”の重要性を広く知ってもらうため、
さまざまなNPOの活動をサポートしています。

ムービーを見る

オンラインコンサートSEE THE LIGHT

アルファ ロメオ公式YouTubeチャンネルでアーカイブ配信中

「SEE THE LIGHT」は、コロナ禍で様々なイベントのキャンセルが相次ぐ中、音楽のチカラで日本を元気にしたいという思いからスタートしたプロジェクトです。ブラインドアーティストを中心に障がいを持ったアーティストが集結し、オンラインでコンサートの配信を行うことになりました。ぜひご覧いただき、アーティストのみなさんが体現する「可能性の光」を感じてください。

アーティスト紹介
YouTube アルファ ロメオ
公式チャンネルへ

また、この活動を通じて、様々な障がいを持った方々が活躍できる未来を実現するため、アルファ ロメオがサポートするクラウドファンディング活動「SHARE CHRISTMAS」のご支援も呼びかけています。

クラウドファンディング Share Christmas

「コロナ禍でも、障がいのある方に自分らしく働ける環境を提供したい!」

Share Christmas とは、FCAジャパンの4つのブランド(アルファ ロメオ、フィアット、アバルト、ジープ)がそれぞれ共感する社会貢献プロジェクトを皆さまとチカラを合わせてサポートし、実現を目指すクラウドファンディング活動です。アルファ ロメオは昨年に続き、障がいのある方がスポーツやエンターテイメントの“晴れの舞台”でのお仕事体験で社会参加の一歩を踏み出すチャンスを増やすという、ピープルデザイン研究所の「就労体験プロジェクト」を支援しています。

「就労体験プロジェクト」2020年の活動

障がい者の方々が”晴れの舞台”のお仕事体験を通じて、“おためし”で社会参加ができる「就労体験プロジェクト」。このプロジェクトでは、身体・精神・知的障がい者、ひきこもりなどの方々が、スポーツ・音楽・映画などのエンターテイメントのイベント会場などのワクワクする環境で、4h程度のお仕事を体験していただき、体験者には「交通費」として2,000円を支給する取り組みです。これまで川崎市内だけでも、Jリーグ川崎フロンターレ、Bリーグ川崎ブレイブサンダース、ロックフェス「BAYCAMP」、カワサキハロウィンなどにて、合計281企画を実施。述べ2,757人が就労体験に参加し、そのうち247名の方々が一般就労を果たしました。( 2014年度から2019年度までの実績)参加した障がい当事者の方々が共に働く仲間やお客様から「ありがとう」と言われることで、誰かの役に立ち喜ばれることを覚え、自信や誇りを身につけていき、その自信が能動的な行動へとつながっています。

パーソナリティ

ソングライター / プロデューサーShusui (周水)

1976年1月30日生東京都出身。生まれつき目に障がいを持っていたこともあり、両親の勧めでクラシックピアノを習い始める。文化学院を卒業後ロンドンへ留学。帰国後cannaを結成。Sony Recordsより「紙ひこうき」でメジャーデビュー。外国人クリエーターとのコラボレーションの作品を国内外へ提供。「青春アミーゴ」(修二と彰)がオリコン年間シングルチャートの1位を記録。自らの子育て体験を元に育音(Iku ON)プロジェクトを設立しボランティア活動を開始。2015年10月小学館よりCD付き絵本「アフリカゾウのなみだ」を出版。

出演アーティスト

canna カンナ

谷中たかし (Vocal) 1975年4月21日 長崎県出身
周水 (Piano & Background Vocal)
1976年1月30日 東京都出身

1997年、canna結成。
1998年、bounce recordsより「拝啓あなた様」でインディーズデビュー。
1999年、Sony Recordsより「紙ひこうき」でメジャーデビュー。
シングル「風の向くまま」が、元SMAPの草なぎ剛が主演ドラマ「TEAM」の主題歌としてヒット。
2000年、1st Album「無人島」をリリースし、オリコンチャートTOP20入り。
同年、LIVE活動の集大成として敬愛する山下達郎、竹内まりやと共に日本武道館と大阪城ホールのステージにも立つ。
2001年、日本の四季をテーマにしたミニアルバム「春色」と「夏色」をリリース。
2003年、2nd Album「新世界」をリリースし、全国ホールツアーを最後に活動休止。
2011年、約8年振りとなるデジタルシングル「虹色のカーネーション」をリリースし、活動を再開。
2013年、10年振りにCD SINGLE「カンナの花」をリリース。
2014年、12年振りに3rd Album「漂流記』をリリース。
2017年、初となる2枚組ALL TIME BEST ALBUM 「蜃気楼」をリリース。
作家としてもKinKi Kidsのミリオンヒット「青の時代」や「もう君以外愛せない」など楽曲提供も手がける。
cannaが生み出す音楽は、日本の四季や人と人との絆をテーマにどこか懐かしい色褪せない独自の世界感を放つ。

続きを読む

シンガーソングライター栗山龍太(くりやま りょうた)

大阪府高槻市生まれ。2017年4月パラアスリート応援ソング「リアルビクトリー」をリリース。第16回ゴールドコンサート楽曲賞受賞。教育芸術社から合唱譜面が作成され、全国小中学校に配布されたことをきっかけに、各学校が取り組みを始める。その他、カラオケジョイサウンド、iTunesなど各種ストアから配信中。

シンガーわたなべちひろ

2004年生まれの高校1年生。2 歳でキーボードを弾き始め、2016 年 11 月に代々木第一体育館にて日本財団パラリンピックサポートセンター主催パラフェス 2016 に出演。2017 年 10 月 には、ニューヨーク・アポロシアターにてアマチュアナイトに出演。多くの観客から称賛を浴びる。
2013年「ヘレンケラー記念音楽コンクール」ピアノ低学年の部 1 位。
2016年、ニッポン放送「第 42 回ラジオミュージックソン」に史上最年少出演。
2017年、パラリンピックサポートセンター主催「パラ駅伝 2017」オープニングアクトを務める。
同年、さいたま市ノーマライゼーションカップ「ブラインドサッカー国際親善試合」のオープニングアクトを務める 。
ニッポン放送「第 43 回ラジオミュージックソン」に 2 年連続で出演。
2018年3月にNHK 総合にて「イマジン そこに 『境界』 はない」で、アポロシアターに挑戦する姿が放映され番組内で「ゆず」とのコラボも話題となった。
同年、「ラ・フォル・ジュルネ Tokyo2018 MC FOREST エリアコンサート」、「モントレージャズフェスティバル in 能登 2018」、「めざましライブ日本お天気キャラバン in 北野天満宮」に出演。
2018.12.24 ニッポン放送「第 44 回ラジオミュージックソン」に 3 年連続で出演
2019年4月に初のワンマンライブ「Chihiro Watanebe Concert2019~ 旅立ちの 春~@渋谷エッグマンにて開催しチケットはソールドアウト。
同年、 日本財団パラリンピックサポートセンター主催パラフェス 2019 に出演し、2019年日本で開催された「NHKラグビーワールドカップ」のテーマソング「ECHO」をLittle Glee Monsterと共演。
クリスマスにはニッポン放送「第 45 回ラジオミュージックソン」に 4 年連続で出演。

続きを読む

ミュージシャン木下航志(きした こうし)

1989年5月8日鹿児島に生まれる。2歳の時に、お母さんが買ってくれたおもちゃのピアノを弾き始め、5歳よりクラシックピアノを始める。1996年鹿児島盲学校に入学、翌年より鹿児島にてストリートライブをはじめる。このライブでの歌唱力・キーボードの演奏力に多くの熱い視線が向けられ、
1999年~2000年当時10歳にして、NHK「みんな生きている・かがやくメロディー」ほか、NHKドキュメント番組にて木下航志を放送する。2003年当時14歳で「HARMONIX」として鹿児島在住のオーストラリア人カイロン・ハウエルとのミニアルバムを完成。ネット上だけで3000枚以上の販売を記録。2004年中学2年生にて今まで木下航志を綴ってきた、 NHK総合にて「響け僕の歌 木下航志14歳の旅立ち」92分版を放送。

続きを読む

ドラマー酒井響希(さかい ひびき)

2006年生まれの大阪南視覚支援学校に通う中学2年生。両眼性網膜芽細胞腫(小児がん)を患い2歳で両眼を摘出し全盲に。全盲になり音に強い興味を持ち、4歳からドラムを習い始める。最近ではラジオ、テレビ、イベント出演等で活躍の場を広げている。

ピアニスト兼ギタリストJohnatha Bastos(ジョナタ・バストス)

3歳で地元教会で歌を始める。さらに6歳から祖父にキーボードを習うようになった。12歳ごろからはリオデジャネイロ内各地で演奏・講演活動を始めた。同じ頃、母親のギターに触れたことを契機に、ギタリストを志すようになり、「ギターペダル」(ギターをアンプとつなぎ足による演奏ができるようにしたもの)を用い、ギターに熱中する。ブラジル国内全域を訪れつつ演奏スキルを上げた。2010年になるとソロ奏者としてギターリフを身につける。高校時代には医者を志すこともあったが、自分の音楽が他人の励ましになると考え、改めて音楽に没頭する。2016年には英テレビ局が制作したパラリンピックのプロモーションビデオにピアニストとして採用される。YouTubeでも800万回以上再生され、リオデジャネイロパラリンピック閉会式ではパフォーマンスを行い、ピアノやギター、ドラムも演奏した。2016年には、ギタリスト、アンディ・ティモンズとの競演を果たした動画が公開される。アンディの代表曲の一つである「Cry For You」を本人を横にしながら、足を器用に使い豊かなセッションが展開されている。2017年11月に初めて日本を訪れ、パラリンピックサポートセンターが主催する「ParaFes 2017 〜UNLOCK YOURSELF〜」に出演した。当日は、視覚障がいをもつ音楽家の木下航志とのピアノセッションを披露した。

続きを読む

上記アーティストのみなさんによるパフォーマンスは、下記の日程にて『SEE THE LIGHT』のメインスポンサーであるアルファ ロメオの公式YouTubeチャンネルよりライブ配信されます。ぜひコンサートをご視聴いただき、障がい者のみなさんが持つ無限大の可能性を「クラウドファンディング」で一緒にサポートしてください。

Alfa Romeo PresentsSEE THE LIGHT

アルファ ロメオ公式YouTubeチャンネルでアーカイブ配信中

YouTube アルファ ロメオ
公式チャンネルへ

社会貢献プロジェクト

心をつなぐ、
幸せを分かちあうために。

『Share your heart』は、FCAジャパン株式会社の4つのブランド(Alfa Romeo、FIAT、Jeep® 、ABARTH)が、それぞれ共感する社会貢献プロジェクトを皆様とチカラを合わせてサポートし、実現を目指すクラウドファンディング活動です。

VIEW MORE

SHARE YOUR HEART