ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

アルファ ロメオ伝統のエンブレム。
見たものに忘れ得ぬ印象を残すこの紋章は、
栄光の歴史を見守り続けてきた、気高き魂の象徴である。
アルファ ロメオは、創立110周年を記念して
このエンブレムをモチーフとした有田焼豆皿を限定製作。
ここでは、9代におよぶエンブレムの変遷をたどりながら、
イタリアの情熱と日本の匠が生んだ逸品をご紹介していく。

【 画像をクリックすると解説を表示します 】

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1910

ミラノの紋章にある赤十字。ミラノ公を輩出したヴィスコンティ家の家紋である、
人を飲み込む大蛇(ビショーネ)。そして、イタリア王国、
サヴォイア家の家紋の結び目。これらを組み合わせた初代エンブレム。
これはアルファ ロメオの礎を築いた名エンジニア、ジュゼッペ・メロージの
統括のもと、部下のロマーノ・カッターネオが原案を手がけたものである。

Contesto Storico - 1910 年のアルファ ロメオ -

A.L.F.A.(Anonima Lombarda Fabbrica Automobili=ロンバルダ自動車製造有限会社)は第1号モデル「24HP」を開発し、誕生翌年からレース活動を開始。順風満帆に思えた船出だったが、わずか数年にして暗雲が立ち込める。1915年にイタリアが第一次世界大戦に参戦したことで販売は低迷、財政状態は悪化する。危機的状況を迎えたA.L.F.A.の前に現れたのは、ニコラ・ロメオその人だった。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1910

裏面の文様:青海波(せいがいは)
青海波(雅楽)の舞曲に用いる服の波形の染模様で、元禄の頃から流行した文様。「無限に広がる穏やかな波に未来永劫と、平和な暮らしへの願い」が込められた吉祥文様のひとつでもある。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1919

ナポリ近郊サンタンティモ出身の実業家、
ニコラ・ロメオがA.L.F.A.の経営権を握り、現在のALFA ROMEOに改称。
こうして2代目となるエンブレムが登場した。ROMEOが加えられた
ブランドネームは、初代のゴールドから白抜き文字であしらわれることになった。

Contesto Storico - 1919 年のアルファ ロメオ -

ニコラ・ロメオは機械/電気工学の学位を取得後、エンジニアとしての経験を積んでいるように、自動車に精通したビジネスマンでもあった。スポーツカーという概念すらなかったこの時代に「高性能グランツーリズモ」をクルマ作りのテーマに据えたこと。ブランドの名声を高めるため、レースでの勝利にこだわったこと。こうしたニコラ・ロメオのビジョンは、まさにイノベーティブなものであった。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1919

裏面の文様:籠目(かごめ)
籠の編み目。また模様やひもの編み方などが、籠の目のようになった文様。この籠目文様は星形の模様としてもとらえることができ、「五芒星」「六芒星」といわれる魔除けの印の連続模様と考えられている。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1925

この年初開催された「自動車世界選手権」を
アルファ ロメオが制覇したことを記念して、3代目エンブレムが登場した。
エンブレム周縁に勝利の象徴である月桂樹のモチーフがここで初めて登場。
以降、7代目のエンブレムまで用いられ続けていくこととなる。

Contesto Storico - 1925 年のアルファ ロメオ -

20世紀の幕開けとともに仏で始まったグランプリレースは、この頃から各国でも開催されるようになる。 自動車はごく限られた層に向けられた贅沢品だったこの時代。メーカーにとってレースとは、顧客たちに優位性をアピールする重要な場であった。アルファ ロメオは、1925年に開催された史上初の統一王者選手権「自動車世界選手権」を制覇。以降、歴史に残る勝利を積み重ねてていく。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1925

裏面の文様:網目(あみめ)
漁業で使用する網をモチーフにした柄で、大漁をあらわす縁起の良い文様として使用されてきた。また網は「一網打尽」を意味するため、武士の間では家紋として好んで使われていた。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1946

第二次世界大戦後にイタリア王政が廃止、
共和国制への移行を機に登場した4代目のエンブレム。
地色は赤に、サヴォイア家の家紋の結び目は波線に変更された。
これは当時イタリア産業復興公社(IRI)の傘下にあったアルファ ロメオが、
国家の変化と足並みを揃えたものだと考えられる。

Contesto Storico - 1946 年のアルファ ロメオ -

ミラノのポルテッロ工場が三度にわたって空襲を受けるなど、第二次大戦で壊滅的な打撃を受けたと思われたアルファ ロメオ。だが、終戦直後から1938年製のTipo 158 “アルフェッタ”でレース活動を再開させている。この“アルフェッタ”は、空襲を避けるためにミラノ周辺の地域へ運び出され、秘密裏に隠されていたものである。戦火にも屈することのなかった、不滅の情熱がそこにはあった。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1946

裏面の文様:毘沙門亀甲(びしゃもん きっこう)
戦勝、必勝の神として知られる毘沙門天が着る鎖鎧の模様「三盛亀甲」にちなんだ文様。亀甲柄は亀の甲羅に似ており、鶴と同様に長寿の象徴であり縁起の良い柄としてよく使われている。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1950

アルファ ロメオが、量産メーカーへとシフトしていく嚆矢となった
新型サルーン「1900」がこの年登場。
この重要なトピックとともに登場した5代目のエンブレムは大きな変化を見せた
4代目から、再び戦前のイメージに近いデザインアプローチへと回帰する。

Contesto Storico - 1950 年のアルファ ロメオ -

アルファ ロメオが史上初のF1グランプリを制覇した1950年のもう1つの重要なトピック。それは、当時の中型車需要に応えて初のライン生産が行われた「1900」の登場である。レーシングカー譲りのテクノロジーを備えながら、高価すぎない価格設定から「1900」はヒットを記録。「レースに勝てるファミリーカー」という当時のキャッチフレーズは、そのアイデンティティを端的に言い表していた。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1950

裏面の文様:算木崩し(さんぎくずし)
算木を崩したように、3筋ずつ縦横に石畳状に並べた縞模様。
石畳がどこまでも続く様になぞらえて「繁栄」のシンボルとして愛されている。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1960

それまでのメタルからプラスチックが採用された6代目のエンブレム。
5代目のデザインと同様のモチーフでまとめながら、
周縁の月桂樹がゴールドからシルバーへと変化している。

Contesto Storico - 1960 年のアルファ ロメオ -

モータリゼーション華やかりしこの時代。「ジュリエッタ」は、ブランド史上最大のヒットを記録していた。市場における地位とブランドイメージを確立したアルファ ロメオはこの年、ミラノ近郊のアレーゼに新工場建設をスタートさせている。1963年の竣工後、生産された「ジュリア」は数々のバリエーションが製造され「ジュリエッタ」を超える大ヒットとなった。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1960

裏面の文様:組亀甲(くみきっこう)
亀甲を組輪違(くみわちがい)のような形に組み合わせた文様。亀甲模様は物質の安定をあらわす六角形をしており、崩れない形の亀の甲を文様にすることで、未来永劫続く繁栄への願いを表している。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1972

7代目のエンブレムから「MILANO」の文字が消える。これはイタリアの国策により
新設されたナポリ工場で「アルファスッド(スッドは南の意)」の製造を前年から
開始したことに因んでいる。ALFAとROMEOの間にあったハイフンもなくなり、
全体のデザインもよりモダンなものへと変化した。

Contesto Storico - 1972 年のアルファ ロメオ -

この年、アルファ ロメオは新型スポーツサルーン「アルフェッタ」を発表。ギアボックスとクラッチを後輪側に配置したトランスアクスルのレイアウトやド・ディオン・アクスルの後輪サスペンションを採用。前後重量配分50:50を実現するなど、レーシングカー由来の野心的な設計が施されていた。この革新的プラットフォームは90年代まで生産された「SZ/RZ」まで、実に20年に渡り受け継がれていった。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1972

裏面の文様:寄せ木(よせぎ)
伝統工芸の寄木細工を表した柄。気を寄せ集めてつくる作品で、精密な幾何学模様が特徴となっている。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

1982

アルファ ロメオ史上最長の30年以上にわたって
採用され続けてきた8代目のエンブレム。
1925年の3代目以降、長らく用いられてきた月桂樹のモチーフが
ここからなくなり、ALFA ROMEOの文字はゴールドに変化した。

Contesto Storico - 1982 年のアルファ ロメオ -

アルファ ロメオは、1976年よりF1に本格復帰。79年からは自社開発のF1マシンでグランプリ挑戦を続けていた。82年は「179D」「182」「182B」という3リッターV12エンジンを搭載した3台のマシンと、アンドレア・デ・チェザリス、ブルーノ・ジャコメリというドライバー陣でエントリー。第3戦のアメリカ西GPではポールポジションを、第6戦モナコGPでは3位を獲得している。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
1982

裏面の文様:七宝つなぎ(しっぽうつなぎ)
両端のとがった長楕円形をつなぎ合わせた模様。七宝とは、仏教において貴重とされている七つの宝のことで、その七宝を図案化した柄。同じ大きさの円を重ねて繋いだ模様で、円を重ねていることが転じて「円満」を意味する。

ALFA ROMEO 歴代エンブレム ヒストリー

2015

ブランド創立105周年の節目に登場した9代目のエンブレム。
長らく青と白を用いていた中央の地色はシルバーの一色に。
ブランド名の書体も変わり、ビショーネが飲み込む人の色や
王冠のデザインにもモダンなリファインが施された。

Contesto Storico - 2015 年のアルファ ロメオ -

「新型車発表。2015年6月24日、アレーゼに集結せよ。」世界中から選ばれた100名のジャーナリストを招き、新型「ジュリア」が発表された。20数年ぶりの量産FRモデルであり、アルファ ロメオを代表するビッグネームの復活。 当時FCAのCEOであった故セルジオ・マルキオンネは「このジュリアこそ、アルファ ロメオの、本物のDNAを現代に伝えるモデルなのだ」と、高らかに宣言した。

アルファ ロメオ
オリジナル有田焼豆皿
2015

裏面の文様:鱗(うろこ)
三角形、またはその連続模様。鱗模様は、蛇や蝶を連想して脱皮を表し、厄を落として「再生」するという意味があり、「厄除け」として親しまれてきた。


アルファ ロメオ 歴代エンブレムをデザインした オリジナル有田焼豆皿 プレゼントキャンペーン