Alfa Romeo Racing ORLEN C39マシン紹介

エアロダイナミクスのレギュレーション

2020シーズンのエアロダイナミクスのレギュレーションは、2019シーズンと概ね共通で、わずかな変更に限られる。

フロントブレーキダクトの変更

フロントのブレーキダクトの取付け位置が変更され、エアインレットが高い位置に設定された。これに伴い、フロントサスペンションの設計が一新された。

フューエル フロー モニタリング

FIAは燃料噴射装置の透明性を高めるため、新たに燃料流量をモニタリングできる第二の燃料計(FFM)を導入した。燃料流量は完全に暗号化され、チームはこれを見ることができない。

ドライバーの安全性

FIAはドライバーの安全性を高めるためレーシングスーツとアンダーウェアに厳しい基準を設けた。新素材は従来のものに比べ、さらに高い耐火性を備える。

01
760 kg
ドライバーと空の燃料タンクを含むマシン重量
550 cm
全長
<200 cm
全幅
95 cm
全高
110 kg
レース中に使用可能な最大燃料量

C39

Icon

サバイバルセル

サバイバルセルは、車体の骨格をなしており、従来のF1マシンに比べて複雑な構造を採用している。

サバイバルセルは、サンドイッチ形状のカーボンコンポジット構造を採用し、剛性・重量バランス、および構造の一体性が高められている。

サバイバルセルはコックピット空間を包み込む構造となっており、サイズが規定された6つの留め具によりエンジンとギアボックスに連結されている。

Icon

パワーユニットとギアボックス

現在のF1のハイブリッド パワートレインは、シングルターボチャージャー付きの1.6リッターV6エンジンを主な動力源としている。また、ふたつの電気モーター(MGU-K〈運動エネルギー回生システム〉およびMGU-H〈熱エネルギー回生システム〉)により回生されたエネルギーは、バッテリーパックに蓄えられ、120kWの電気モーターを駆動する。

ギアボックスは、前進用ギア8段と後退用ギア1段を備える。

すべてのドライブトレーンはフェラーリにより供給される。

Icon

タイヤ

2020シーズンも引き続きピレリがF1のオフィシャル タイヤサプライヤーを務める。

タイヤの構造およびコンパウンドは2019シーズンと共通だが、コンパウンドの割り当てについては変更される可能性がある。

ピレリから供給されるコンパウンドは、ドライタイヤ5種類とウェットタイヤ2種類。ドライタイヤは、最もハードなコンパウンド(C1)からソフトなコンパウンド(C5)までの5種で、ウェットタイヤはエクストリームウェットとインターミディエイトの2種となる。グランプリごとに3種類のタイヤがピレリにより指定され、ハードはホワイト、ミディアムはイエロー、ソフトはレッドに色分けされる。チームは指定されたコンパウンドから、それぞれの必要本数を選択し、グランプリごとに1台あたり13セット使用できる。

テクニカルデータ

項目 仕様
サバイバルセル アルファ ロメオ レーシング ORLEN カーボンコンポジットモノコック
フロントサスペンション プッシュロッド式ダブルウイッシュボーン/インボード式スプリングおよびマルチマチックダンパーユニット
リアサスペンション プッシュロッド式マルチリンク/インボード式ハイドロリックサスペンション
ブレーキ ブレンボ製6ピストンブレーキキャリパー、ブレンボ製カーボンコンポジットディスクおよびパッド
パワーユニット 2020 フェラーリ ハイブリッド
トランスミッション フェラーリ8速クイックシフトカーボンギアボックス(縦置き)、カーボンコンポジットクラッチ
エレクトロニクス マニエッティ マレリ、マクラーレン エレクトロニクスシステム、ボッシュ
ERS フェラーリ
ステアリングホイール アルファ ロメオ レーシング ORLEN
ペダル、シート アルファ ロメオ レーシング ORLEN
タイヤ ピレリ
ホイール OZレーシング

ディメンション&車両重量

項目 寸法/重量
全長 >5,500 mm
全幅 <2,000 mm
ホイールベース 約3,600 mm
全高(オーバーヘッドカメラを除く) 950 mm
フロントトレッド 1,650 mm
リアトレッド 1,550 mm
車重 746 kg(ドライバーを含む)

パワーユニット

項目 仕様
形式 V6 バンク角90度
排気量 1,600 cc
ボア 80 mm
ストローク 53 mm
バルブ数 シリンダーあたり4
最大回転数 15,000 rpm
ターボチャージャー シングルタービン、コンプレッサー
最大燃料流量 100 kg/h
最大燃料量 120 kg(レース中は110kgまで)
インジェクション 500 bar/直噴式
ドライバーごとのエンジン数 3基

ERSシステム

項目 仕様
バッテリーエネルギー放出量 4 MJ/周
MGU-K 最高出力 120 kW
MGU-K 最大回転数 50,000 rpm
MGU-H 最大回転数 120,000 rpm