PRESS RELEASE

アルファ ロメオ・ザウバーF1チーム
2019年からのドライバーとしてキミ・ライコネンを起用

アルファ ロメオ・ザウバーF1チームは本日、フィンランドのエスポー出身であり、2007年のF1世界ドライバーズチャンピオンであるキミ・ライコネンと2年契約を締結し、2019年から同ドライバーを起用すると発表しました。

これまでに優勝20回、表彰台100回という実績を誇るキミ・ライコネンは、モータースポーツ史上、最も高い評価を得ているドライバーの1人です。アルファ ロメオ・ザウバーF1チームは、意欲的な目標を達成するという共通のゴールに向け、フィンランド出身の優れたドライバーの参画を歓迎します。

フレデリック・ヴァスール(ザウバー・モータースポーツCEO兼アルファ ロメオ・ザウバーF1チーム代表):
ドライバーとしてキミを起用することで、我々のプロジェクトに重要な支柱が加わり、近い将来にチームとして飛躍するという目標の達成に向けて大きく前進することが可能になります。キミの卓越した才能とF1での豊富な経験により、マシンの開発だけでなく、チーム全体の成長や発展も加速させてくれると期待しています。また、彼が加わることで、2019年を強力な基盤のもとにスタートさせ、価値のある成果を求めて戦うという強い意志のもとにレースしたいと思います。