PRESS RELEASE

2019年 フォーミュラ1 オーストリアグランプリ 決勝レース

天候:晴れ 気温:33.6-33.2度 路面温度:51.7-51.5度

アルファ ロメオ レーシング チーム代表 兼 ザウバー モータースポーツAG CEO フレデリック・バッサー:
「今日のチームの闘いには、とても満足しています。今シーズン初めて2台のマシンが揃ってポイントを獲得し、中位グループのトップを狙えるポテンシャルを改めて示すことができました。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョヴィナッツィは、どこでアタックし、どこでタイヤを温存するかを考えながら賢明なレースを繰り広げ、2台でスコアを獲得するというご褒美をチームの皆にもたらしてくれました。2台のマシンはレース後半でサインツを捉えることができ、さらなるポイントを狙えそうな期待もしましたが、結果には満足しています。チームはこの数レースで進化しているので、それを確固たるものにして、さらなるポイント獲得を狙っていきたいと思います」
キミ・ライコネン(#7):
アルファ ロメオ レーシングC38(シャシー04/フェラーリ)
結果:9位、ファステストラップ:1:09:126、タイヤ:ユーズドソフト(23周)、ニューハード(47周)
「ポイントを獲得できたのは満足で、チームにとっていい結果となりました。良いスタートを切ることができ、序盤はけっこう良かったのですが、それ以降は難しくなってきました。周りのマシンと競い合うにはちょっとスピードが足りないと感じ、タイヤに気を配りながらバトルする必要がありました。タイヤを長持ちさせることと、速く走ることをバランスさせる。そんな戦いでした。ちょっと悔しい思いもしたけど、いい結果を得られました。まだ進化の余地はあります。フィーリングは昨日の予選の時の方が少し良いと感じたけど、パフォーマンスは向上しています」
アントニオ・ジョヴィナッツィ(#99):
アルファ ロメオ レーシングC38(シャシー02/フェラーリ)
結果:10位、ファステストラップ:1:09:051、タイヤ:ユーズドソフト(24周)、ニューハード(46周)
「初めてポイントを獲得することができ、とてもうれしいです。最高の気分だし、肩の荷が下りました。今日はできることの最大限を発揮できたと思いますし、2台ともトップ10に入ることができて、とても満足です。昨日の予選はうまくいったけど、今日のレースはかなり難しかったです。ペレスがずっと後ろにいて大きなプレッシャーを感じました。でも何としてもポイントが欲しかったのです。今日は多くの努力が報われたけど、引き続き前進したいと思っています。フランスグランプリからチームは正しい方向に向かっているので、これを維持していきたいと思います」