PRESS RELEASE

2019年 フォーミュラ1フランスグランプリ 決勝レース

天候:晴れ、気温:26.3-26.5度、路面温度:56.7-53.5度

アルファ ロメオ レーシング チーム代表 兼 ザウバー モータースポーツAG CEO フレデリック・バッサー:
「チームが再びポイントを獲得できて非常によかったです。我々はどの週末も全力で挑んできて、ルノーやマクラーレンといったチームと競い合うようになりました。キミ・ライコネンは素晴らしいレースを展開し、ルノーのヒュルケンベルグの激しいプレッシャーに耐え、残り数ラップでポテンシャルを最大限に発揮し、価値あるポイントを獲得しました。一方、アントニオ・ジョヴィナッツィは不運でした。ソフトタイヤでのスタートで妥協を強いられることになりました。オープニングラップではいいペースで走りましたが、それ以降はポイント圏内に留まることができませんでした。彼には予選で自信を持ってパフォーマンスを発揮してもらいたいと思います」
キミ・ライコネン(#7):
アルファ ロメオ レーシングC38(シャシー04/フェラーリ)
結果:8位、ファステストラップ:1:34:950、タイヤ:ニューハード(31周)、ユーズドミディアム(21周)
「昨日はQ3に進めなかったのは少し残念でした。でもレースはソフトタイヤでない方がいいとチームはわかっていて、実際にそうでした。スタートはベストとはいえなかったけれど、幸いストレートでそれほど遅れを取らず、その後のいくつかのコーナーで挽回できました。ハードタイヤでのスタートでレース序盤にいいポジションにつくことができましたが、レースでは終始ヒュルケンベルグを抑えなければならない状況でした。午後の大半はルノーといいバトルができ、最終的に前のマシンを捕らえることができてよかったです。残り数周のバトルはとても激しく、楽しむことができました。中盤グループの他のマシンとバトルができ、順位を上げられたのは本当に良かったです。スピードも出ており、最終的にいい結果を残すことができました」
アントニオ・ジョヴィナッツィ(#99):
アルファ ロメオ レーシングC38(シャシー02/フェラーリ)
結果:16位、ファステストラップ:1:35:115、タイヤ:ユーズドソフト(7周)、ニューハード(27周)、ニューミディアム(18周)
「ポイントを獲得できなかったのは残念です。でもソフトタイヤでのスタートではどうすることもできませんでした。土曜日にいいパフォーマンスを示した代償でもあるけれど、その結果、スタート前から妥協を強いられました。ソフトタイヤでは長持ちしなかったので早々にピットに入りましたが、最後まで走り切るにはもう一度ピットストップが必要になりました。でも予選でいい結果を出せたことは前向きに考えることができるし、もちろんチームとしてポイントを獲得できたのは重要です。アルファ ロメオのバースデイをもっといい結果で祝福したかったですが、チームは競争力を示すことができたし、次回以降のレースでもこの調子を維持できることを期待します」