PRESS RELEASE

アルファ ロメオ レーシング ORLEN C39、バルセロナでベールを脱ぐ

2020年2月19日、バルセロナ発。 F1ワールドチャンピオンシップでアルファ ロメオ レーシング ORLENチームを運営するザウバーモータースポーツAGは、バルセロナで行われる冬季テストの開始前に、2020年のF1マシン「C39」を発表しました。アルファ ロメオ レーシング ORLENはニューマシンを公開した最後のチームとなり、このお披露目により、2020年のF1グリッドが勢ぞろいすることとなりました。

バルセロナ・カタロニアサーキットで行われた発表会では、ドライバーのキミ・ライコネンおよびアントニオ・ジョヴィナッツィと、リザーブドライバーのロバート・クビサ、開発ドライバーのタチアナ・カルデロンの4名がC39のアンベールを行いました。

新マシンのカラーリングは、昨シーズンからさらに進化を遂げており、アルファ ロメオの伝統的なレーシングカラーのエッセンスを受け継ぎながら、まったく新しいグラフィック効果を取り入れたデザインとなっています。

アルファ ロメオ チェントロ スティーレが開発したこの新しいペイントワークのテーマは、「Speed-Pixel(スピード-ピクセル)」です。これはブランド110周年を記念した“スピード”と“時間”をグラフィックで表現すると同時に、マシンの先進性を表したものとなっています。

前年のモデルと比べると、マシンの象徴である“クアドリフォリオ”のマークがよりシンプルに変更されており、エンジンカバー上のアルファ ロメオの文字が拡大され、アルファ ロメオ ロゴとオーバーラップしたデザインとなっています。ニューマシンにおいても、ミラノ市の紋章である十字架とヴィスコンティ家の紋章「ビショーネ」を組み合わせたアルファ ロメオのロゴがメインとしてアピールされており、110年の栄光と勝利を象徴すると同時に、未来を見据えます。

テクニカルディレクターのジャン・モンショーの指揮のもとで設計開発されたC39は、前モデルとの類似点はほとんどなく、チームが過去2年間で成し遂げた歩みと、グリッドの先頭に向かい前進し続ける意欲を表現した、まったく新しいコンセプトとなっています。

バルセロナでは、オーストラリア・メルボルンでの開幕戦を前に6日間のテスト走行が行われました。このカタロニアサーキットでは、ニューマシンを理解し、その可能性を最大限引き出すことに重点を置いたプログラムが行われました。

新たなポテンシャルを追求し、ついに姿を見せたアルファ ロメオ レーシング ORLEN C39。ニューマシンは、3月13日(金)から15日(日)にかけて行われる開幕戦オーストラリアGPのグリッドに並びます。

アルファ ロメオ レーシング ORLEN 代表 兼 ザウバー モータースポーツAG CEO、フレデリック・ヴァスール
「C39は、チームひとりひとりの献身的な努力とビジョンの集大成であり、メンバーの質の高さを示す証です。ニューマシンが目標達成に向けたチームの前進に寄与することを願っています。その目標は変わっていません。すなわち、明日は今日よりも良い仕事をすることです。私たちは成長を続けるチームであり、あらゆる分野において、組織のあらゆる面において、ひとつひとつのことを常に改善していきます。これは終わりのないプロジェクトで、フィニッシュラインはありません。全員が目の前のことに集中し、努力を続けなければならないのです。私たちは着実に前進しており、2018年初めに比べ、すでに大きなステップを踏み出しましたが、今後もこの道を歩み続けます」

アルファ ロメオ レーシング ORLEN テクニカルディレクター、ジャン・モンショー
「C39は、昨年のマシンの進化版ではありますが、昨年のマシンからほとんどの部品が刷新されました。ホイールやタイヤ、いくつかの内部パーツを除くと、ほぼ同じものはないほどです。これは進化を続けるうえで、当然のプロセスです。昨シーズンに成し遂げたことをさらに推し進め、さらに前進させることで、ミッドフィールドの最前線でバトルができると期待しています」