team

キミ・ライコネン

キミ・ライコネン Kimi Räikkönen

1979年、フィンランド生まれ。3歳の時、兄の背中でモトクロスバイクにまたがったのがレースとの出会い。1988年にカートに乗り始め、1991年からは本格的にレーシングカートを開始。1999年までに数々のレースで頭角を現した。ステップアップしたフォーミュラ・ルノー(1999年-2000年)でも圧倒的な強さを見せ、2000年にザウバーF1チームからF1テストのオファーを受ける。2001年春、ザウバーからF1デビュー。初戦のオーストラリアGPで早くも6位に入賞し、第6戦オーストリアGP、第8戦カナダGPでは4位入賞を果たした。以後、2005年にランキング2位、2007年にはワールドチャンピオンに輝いた。2010年に一度はF1から離れたが、2012年に復帰。同年の第18戦アブダビGPで優勝するなど、変わらぬ速さを見せつけた。2019年よりアルファ ロメオ レーシングから参戦。天性の速さに加え、研ぎ澄まされた感覚でマシンを読み取る能力には定評がある。また、そのクールな性格から“アイスマン”の愛称で親しまれ、レース中に無線でエンジニアに発した言葉「“Leave me alone, I know what I'm doing”(ほっといてくれ、自分がやるべきことはわかっている)」は有名。2020年シーズンは第9戦トスカーナGPと第13戦エミリア・ロマーニャGPで9位に入賞。また、ポルトガルGPでは16番手スタートからオープニングラップの80秒程で怒涛の10台抜きを果たし、ファンを大いに沸かせた。この走りはファン投票によって選ばれる2020年『FIA アクション・オブ・ザ・イヤー』に選ばれ、FIAによって表彰された。なお、2020年シーズン終了時点でライコネンのF1出走回数は329戦と歴代最多を誇っている。

続きを読む

表彰台回数 103
累計獲得ポイント 1873
出場回数 350
チャンピオン獲得回数 1
レース最高順位(回数) 優勝(21)
予選最高順位 1
生年月日 1979年10月17日

SNSでキミ・ライコネンをフォローするinstagram

アントニオ・ジョヴィナッツィ

アントニオ・ジョヴィナッツィ Antonio Giovinazzi

1993年、イタリア生まれ。2006年から2012年までレーシングカートで経験を積み、2013年にF3にステップアップ、イギリスF3で年間2位。2015年ヨーロッパF3で年間2位。2016年はGP2シリーズに参戦し、ルーキーながら5勝をあげ、年間2位となった。こうした活躍から2017年にフェラーリF1のサードドライバーに抜擢された。翌2018年の第1戦と第2戦にケガで欠場したザウバーのパスカル・ウェーレインの代役で、F1デビューを飾った。そして2019年、アルファ ロメオ レーシングからフル参戦を果たし、4つのGPでポイントを獲得。特に第20戦ブラジルGPでは5位に入賞。2020年シーズンは、第1戦オーストラリアGPで9位、第11戦アイフェルGPで10位に入賞。また第13戦エミリア・ロマーニャGPでは最後尾スタートながらポジションを6つ上げて10位に入る健闘を見せた。

続きを読む

表彰台回数 0
累計獲得ポイント 19
出場回数 60
チャンピオン獲得回数 0
レース最高順位(回数) 5(1)
予選最高順位 7
生年月日 1993年12月14日

SNSでアントニオ・ジョヴィナッツィをフォローするinstagram

ロバート・クビサ

ロバート・クビサ Robert Kubica

[ テストドライバー/リザーブドライバー ]

1984年、ポーランド生まれ。幼少期から乗り物に夢中になり、カートを経て、2001年よりフォーミュラ・ルノー2000に参戦し、2002年にはランキング2位を獲得する。その後、フォーミュラ3ユーロシリーズへとステップアップし、2004年にマカオ戦でポールポジションを獲得、決勝は2位でフィニッシュした。2005年はフォーミュラ・ルノー3.5シリーズでチャンピオンを獲得し、ルノーのF1マシンをドライブする機会を掴んだ。 2006年、BMWザウバーにテストドライバー兼リザーブドライバーとして加わり、ジャック・ヴィルヌーヴの離脱後、ハンガリーGPより参戦。イタリアGPでは3位に入り、はじめて表彰台に立った。2007年よりF1にフル参戦し、カナダGPで大クラッシュを喫するも、2戦後のフランスGPから復活し、ランキング6位でシーズンを終えた。2008年は、第7戦カナダGPでF1初優勝を達成。他にも2位が3回、3位が3回と活躍し、ランキング4位でシーズンを終えた。2010年、ラリーで大きな怪我を負い、モータースポーツへの復帰が危ぶまれる事態となったが、不屈の忍耐力と意欲で2017年に復帰。2018年はウイリアムズのリザーブドライバーとなり、2019年にはフル参戦を果たした。2020年シーズンはアルファ ロメオ レーシングにテストドライバー兼リザーブドライバーとして加わり、チームのシミュレーター開発に多大な貢献を果たしている。

続きを読む

タチアナ・カルデロン

タチアナ・カルデロンTatiana Calderón

[ 開発ドライバー/チームアンバサダー ]

1993年、コロンビア生まれ。9歳でカートを始め、14歳でレースデビュー。2012年に欧州フォーミュラ3オープンに参戦、この頃からF1をキャリアの最終目標とする。2013年には英国フォーミュラ3にて女性で初めて表彰台に立つ。2014年はフォーミュラ3ヨーロピアンチャンピオンシップに参戦する傍ら、フェラーリのドライバー育成プログラムに参加。同プログラムでは初戦のフロリダで優勝し注目を集めた。2016年よりGP3に参戦。 2017年、ザウバーのF1開発ドライバーとしてチームに加わる。またはGP3に参戦する傍ら、フォーミュラV8 3.5 ワールドシリーズの最終戦バーレーンで表彰台に立ち、女性初の快挙を成し遂げた。2019年にはFIAフォーミュラ2に参戦し、シーズンを通じて参戦。2020年シーズンは、全日本スーパーフォーミュラ選手権に唯一女性として参戦。コロナウイルスの影響で7戦中5戦のみを戦ったが、初めて走る日本のサーキットで経験を積みながら存在感のある走りを見せた。2021年シーズンは、アルファ ロメオ レーシングの開発ドライバー兼チームアンバサダーとして5年目のキャリアを迎えると同時に、スーパーフォーミュラ2年目の挑戦に挑む。

続きを読む

フレデリック・バッサー

フレデリック・ヴァスール Frédéric Vasseur

[ チーム代表兼ザウバー モータースポーツ AG CEO ]

フランスの大学ESTACAで航空技術と自動車エンジニアリングの学位を取得した後、レーシングチームを立ち上げ、F3に参戦。2004年には新チームを作り、GPシリーズに参戦するなど活動の幅を広げた。GP2では8回、GP3では9回タイトルを獲得しており、彼のチームで戦ったドライバーの中には、ルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテル、ニコ・ロズベルグといったF1チャンピオンも含まれる。2016年よりそれまでの経験を生かしF1に参入。翌年にザウバーのチーム代表に就任し、指揮をとっている。2021年シーズンは、アルファ ロメオ レーシング代表 兼 ザウバー モータースポーツAG CEOとして2020年シーズンを超えるリザルトを狙う。

続きを読む

machine

2021年シーズン全23戦を戦う最新マシン『C41』

2021年シーズン全21戦を戦う最新マシン『C41』 Alfa Romeo Racing ORLEN グローバルサイト(英語)