Car Event 2011.05.03

ラ フェスタ プリマベーラ 2011

ラ フェスタ プリマベーラ 2011

p_01 ラ フェスタ プリマベーラ 2011
寄稿:チンクエチェント博物館 代表 伊藤精朗氏

皆さん、クラシックカーで公道を走って楽しむイベントがあることをご存知でしたか?
イタリアではミッレミリアというレースを頂点にいろんなイベントが開催されています。日本でも実は盛んになりつつあるんですよ。
今日はアルファ ロメオも協賛させていただいた「ラ フェスタ プリマベーラ 2011」をご紹介します。

関西の春を告げるクラシックカーイベントとして定着しつつある「ラ フェスタ プリマベーラ 2011」、今年は東北の大震災の影響で出走台数が少ないなか開催されました。「がんばろう日本」のチャリティーイベントとして4月16日より19日の四日間、二府四県、大阪の中心、梅田をスタートして、高野山、白浜、熊野、伊勢、鈴鹿、彦根、京都、奈良を経由して大阪城のゴールを目指します。全走行距離は約1,200kmに及びます。

1967年までに製造されたクルマが参加対象となりますが、戦前のクルマも参加しています。もちろん、100年の歴史を持つアルファ ロメオも積極的に参加していて、クラシックカーイベントには美しいアルファ ロメオがいつもいます。朝8時過ぎには日本中からアルファ ロメオを初めヨーロッパのクラシックカーが集まってきます。

p_1 ラ フェスタ プリマベーラ 2011
このクルマは1956年式、アルファ ロメオ ジュリエッタ スプリントヴェローチェです。近代アルファ ロメオを確立したジュリエッタの最初期モデルです。エンジン、シルエット、パッケージ、高い次元でバランスのとれた美しいクルマです。

p_2 ラ フェスタ プリマベーラ 2011
アルファ ロメオSVZ、超稀少車です。アルファ ロメオは赤というイメージが強いですが、どんな色でも似合います。1957年式でボディはミラノのカロッツェリアの名門ザガートが手がけました。

スタート会場の梅田スカイビルでは宝石のようなクラシックカーが集まりました。車検や4日間のルートブックを受け取ります。

p_ss ラ フェスタ プリマベーラ 2011
1964年式アルファ ロメオ ジュリア SSですとっても複雑な造形をしています。日本でもコレクターアイテム的なクルマの仲間入りをしてきました。

p_routebook ラ フェスタ プリマベーラ 2011
これがルートブックです。この本に忠実に走ります。途中のPCという計測区間では100分の1秒単位で優劣を競います。

いよいよスタートです。大勢の人が見送ります。
p_start ラ フェスタ プリマベーラ 2011
左が1963年式アルファ ロメオ ジュリエッタ スパイダー。右が1957年式アルファ ロメオ ジュリエッタ スパイダーです。1960年代のジュリエッタ スパイダーとの違いがわかりますか?アルファロメオの白も素敵です。

p_mito ラ フェスタ プリマベーラ 2011

今年も四日間イベントをサポートするために活躍します。イタリアの公道レースの歴史はアルファ ロメオの歴史と言っても過言ではありません。

500 ラ フェスタ プリマベーラ 2011

チンクエチェント博物館 代表 伊藤精朗氏 プロフィール

子供の時、映画「卒業」を観て、赤いアフルァ ロメオ スパイダーに一目惚れしました。大人になって映画「NINE」を観て、水色のアルファ ロメオ ジュリエッタ スパイダーに一目惚れしました。どうやら私とアルファ ロメオとは恋愛体験のような関係みたいです。イタリアのムゼオアルファにある初期型(ひょっとしてプロトタイプ)のジュリエッタ スパイダーのシルエットに一目惚れ。理想のアルファ ロメオはこのシルエットを持つ水色のジュリエッタ スパイダーですが、いまだそのクルマは私の前に現れず、運命のクルマにいまだに恋いこがれています。17年ほど前に「チンクエチェント博物館」構想をインスパイアして、7年間の準備の末、2001年に「チンクエチェント博物館」を愛知県・知多半島に開館しました。今年が開館11年目の記念イヤーで今後は「チンクエチェント(移動)博物館」という概念で広くイベントを主催して、チンクエチェント、フィアット、アルファ ロメオ、イタリア車、イタリアの魅力の普及活動に努めていきます。

チンクエチェント博物館

POPULAR