Products 2021.10.06

フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

ドライブの気分を盛り上げるとともに、空間を素敵に演出してくれる大人のアイテム“フレグランス”を、〈ひとりでドライブをする時〉〈仕事に向かう時〉〈恋人とのドライブの時〉など、シーン別に厳選してご紹介。レクチャー役は、2012年に日本初のフレグランスメーカー・セントネーションズを立ち上げたフレグランスプロデューサーの石坂将氏。

ひとりでドライブをする時

鼻で追いかけたくなるエレガントな香りが、アイデアを生むスイッチ

ミッレフィオーリ『カーディフューザーICON(アイコン) グレープカシス』

Millefiori-Icon-Classic-Dark-Blue-2 フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選
▲ミッレフィオーリ 『カーディフューザーICON(アイコン) グレープカシス

reミッレフォーリ フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

1994年にイタリア・ミラノで創設したルームフレグランスブランドのミッレフィオーリは、クルマでの香りに早い段階から取り組んでいるブランド。さまざまな香りをそろえるカーディフューザー アイコンシリーズの中でも、グレープカシスはバニラやムスクが心地良く混じるフルーティーな香りが印象的だ。

「いいアイデアが生まれる時間は特に2つあると言われていて、それは散歩と入浴。僕にとってのドライブはそれらのいいとこ取りをしているような時間と空間なのですが、思考回路が前に進んでいく感覚に入りやすいというイメージでこの香りをチョイスしました。鼻で追いかけたくなるような感覚を生むエレガントな香りは、同時にその香りを嗅ぐことで思考回路が回り始めていきやすいと思います」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
株式会社 エトランジェ・ディ・コスタリカ
https://millefiorimilano.jp/index.html

仕事に向かう時

1日の始まりは、フレッシュな香りとともにポジティブなマインドへ

ショーレイヤード『モバイルフレグランス フレッシュペア』

Mobile-fragrance-Freshpear フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選▲ショーレイヤード『モバイルフレグランス フレッシュペア
MF-FP フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

仕事に向かう時には石坂氏が立ち上げたMADE IN JAPANのフレグランスブランドから、カードタイプの『モバイルフレグランス』をぜひ。フレッシュペアは洋梨をそのまま凝縮したようなジューシー&フルーティーな香りが特徴で、クルマの車内やクローゼットに吊るしたり、カバンやポーチに入れたりとさまざまな使い方で楽しめる。

「仕事に向かう時というのは、まず何より“前向きな気持ちであるかどうか”がすごく重要ですよね。その意味でショーレイヤードのフレッシュペアの香りは、天気で言うと晴れ、季節で言うと特に初夏に合うようなポジティブな印象が魅力です。1日の始まり、仕事へ向かう時にフレッシュペアのようなフレッシュでジューシー、透明感のある香りを楽しむことで、気持ちが整った状態でその日の仕事に入っていけるでしょう」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
株式会社 セントネーションズ
https://ec.layeredfragrance.com/

恋人とのドライブの時

大切な人とのドライブデートは、特別感のある香りで気分をアップ

ディプティック『カーディフューザーセット 34』

car_diffuser-のコピー フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選▲ディプティック 『カーディフューザーセット 34

※こちらはAlfaRomeoの車ではございません。

Diptyque-Diffuseur-pour-la-voiture_34_RVB_HD フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

フランス・パリのサン・ジェルマン大通りで創業し、2021年には60周年を迎えた歴史あるフレグランスメゾンのディプティック。ディフューザーをクルマの通風孔に固定するコールドディフュージョンシステムを採用した『カーディフューザーセット』で、コケ・カシスの葉や乾いたイチジクの葉などの香りを堪能しよう。

「個人的にクルマに乗らないという選択はすごく重要なチャンスを失っているようなものと考えていて、とりわけクルマと恋愛は相性がいいですし、クルマを持っていることの特権を感じられるのがデートの時だと思います。その点、ディプティックのカーディフューザーは特別感のある香りで気分が高まりますし、カーフレグランスが視界に入った時にインテリアとしての高級感を演出できるのもいいですね」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
Diptyque Japan 株式会社
https://www.diptyqueparis.com/ja_jp/

家族とのドライブの時

ファミリーでのドライブを彩る、ロングセラーの逸品

サンタ・マリア・ノヴェッラ『シルクサシェ』

re060A8146 フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選
▲サンタ・マリア・ノヴェッラ 『シルクサシェ

SilkSachet_切り抜き フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

イタリアの古都・フィレンツェで、世界最古の薬局として誕生したサンタ・マリア・ノヴェッラ。そのフレグランスは、“香りの芸術”と称されている。『ポプリ』はフィレンツェの丘に咲き誇る草花、植物の実、樹脂などの素材が生み出すスパイシーかつ上品な香りが、世界中の人々に愛されているロングセラーの逸品だ。

「サンタ・マリア・ノヴェッラのポプリは高級感のある上品な香りが特徴。家族でのドライブとなると何か食べたりしていろいろな匂いが混じりやすいので、そういったクルマの中の環境を洗い流してくれるような香りです。また、そういったシチュエーションで香りが強めのフレグランスを使ってしまうと、生活臭と混ざってチープな印象を生むので、こういった香りを家族のドライブで使ってみてはいかがでしょうか」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
株式会社ヤマノ アンド アソシエイツ
https://www.santamarianovella.jp/2index/index2.html

街へドライブに行く時

使うシチュエーションや気分に応じた、天然素材のアロマオイル

@aroma『ドライブタイムレザー オイルセット D02 アーバンスカイ』

DT-leather_img_02_Trim_L フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選
▲@aroma 『ドライブタイムレザー オイルセット D02 アーバンスカイ

@aroma フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

※こちらはAlfaRomeoの車ではございません。

 

“アロマセラピーで空間をデザインする”をコンセプトに掲げる@aromaの、車内で手軽にアロマセラピーを楽しめるカーディフューザー『ドライブタイム』を本革で仕上げた高級仕様モデル。2時間で自動的に電源が切れるOFFタイマー機能付きで、『アーバンスカイ』のほかにもさまざまな香りがラインナップされている。

「アロマオイルの世界でさまざまなアイテムを展開しているブランドなのですが、こちらは電源に繋いで使うディフューザー。使うシチュエーションや気分に応じて香りを変えることで、気持ちのスイッチを変えられるのがおすすめですね。今回のラインナップ全体の話にもなるのですが、いわゆる作り込まれたフレグランスから、この@aromaのような天然素材のアロマオイルまで、幅広く楽しんでいただきたいと思います」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
アットアロマ株式会社
https://www.at-aroma.com/

アウトドアなドライブの時

自然に囲まれた空間を、ナチュラルに彩るユニセックスな香り

ショーレイヤード『フレグランスディフューザー 100ml オレンジブロッサム』

SHOLAYERED-DIFFUSERS-10 フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選
▲ショーレイヤード『フレグランスディフューザー 100ml オレンジブロッサム

Diffuser100ml-orangeblossom フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

モバイルフレグランスに続き、石坂氏のブランド・ショーレイヤードから“香りを楽しみ尽くす”ディフューザー。ドライブ前にあらかじめ車内に置いておき、香り付けをしておくという使い方がおすすめだ。玄関、リビング、ベッドルーム、そしてアウトドアまで、さまざまな空間をラグジュアリーな香りで彩ってくれる多様な香りが魅力。男女どちらにも合うユニセックスなアイテムなのでプレゼントにも最適だ。

「オレンジブロッサムはその名の通りオレンジの花で、ユニセックスな香りが特徴。選んだ理由としては、山や海などのアウトドアに行っているのに夜の都会で嗅いだことのあるような香りだとやはり違和感があり、ただアロマの香りだとアウトドアではすでに大自然に囲まれているので面白くないかと。ファッションと自然の中間にある香りで、僕はサーフィンをやるのですがそういう時にも合いますね」(石坂氏)

▼INFO:画像提供
株式会社 セントネーションズ
https://ec.layeredfragrance.com/

最後に石坂氏にアルファ ロメオのイメージを聞くと、「本当に好きで選んだ確固たる理由がある人が乗るクルマだと感じています」とのこと。さらに「私も新しくクルマが欲しくなると一度はアルファ ロメオはチェックしますし、いつかは乗りたい非常に魅力的なクルマだと思っています」とも語ってくれた。ドライバーの気持ちを盛り上げる、クルマとフレグランスの相乗効果。ぜひこの機会にあなたの日々を彩る香りを探してみてほしい。

PROFILE

石坂 将

プロフィール素材 フレグランスプロデューサー・石坂将氏が提案する、ドライブの気分を盛り上げるシーン別フレグランス6選

フレグランスプロデューサー。セントネーションズ代表。
1982 年生まれ。学習院大学卒業後、英国Lancaster 大学 大学院にて修士課程を終了。帰国後、フレグランス業界に従事し、2010 年にはプロデュース商品が日本フレグランス大賞を受賞。2012年1月にフレグランスメーカー・セントネーションズを立ち上げ以降、オリジナルブランド「レイヤードフレグランス」の企画・開発の他、独自のネットワークの強みを生かし、あらゆるコンテンツとフレグランスを掛け合わせ、数多くの著名人やスポーツ選手、ブランドとのプロデュース商品を手がける。

Text:ラスカル(NaNo.works)

POPULAR