デザイン

アルファ ロメオのデザイン哲学が描く、必然の美

エクステリア

必然の美―それは、刻み込まれたすべての直線、曲線、意匠によって体現される、究極のデザイン言語である。エンジンフードからリアスポイラーに至るまで、最高品質のアルミニウムとカーボンファイバーを惜しみなく採用。イタリアンデザインの真髄を描きながら、究極のパフォーマンスを実現するという、アルファ ロメオのデザイン哲学が余すことなく貫かれている。

伝統の盾型グリルからAピラーまで走る Vラインが躍動感を与え、
エンジンフードのダクトや大型のエアインテークが強烈なパフォーマンスを予感させるフロントデザイン。

サイドビューは、彫りの深いレリーフを施したプレスラインやキャビンを低く見せる絶妙なデザインで、
パフォーマンスSUVとしての存在感を主張する。

後端を切り落としたフォルムや、専用装備である左右 2 本出しのツインデュアルエキゾーストパイプが、
リアビューの圧倒的な迫力を生み出す。

ブラック仕立てのエクステリアミラー、ウインドウモールディング、サンルーフを採用。
スポーティなイメージとクアドリフォリオの特別な存在感を引き立てる。

【新デザインのアルミホイールを採用】これまでの20インチから21インチにサイズアップ。アグレッシブな印象をさらに際立て、
ハンドリング性能やスポーツ走行時の路面へのグリップ力を高める。

インテリア

圧倒的なパフォーマンスを実現しながら、プレミアムなSUVとしての快適性も確保するインテリア。アルミニウム、カーボンファイバー、レザー、アルカンターラといったマテリアルを採用。その卓越性は、見た目の美しさだけではない。ドライバーとステルヴィオ クアドリフォリオが調和するために、イタリア伝統の匠の技がいたるところに注ぎ込まれている。

ドライバーとの究極の一体感を演出。同乗者の快適性も実現するコックピット。

【スパルコ社製 カーボンバケットシートを新たに採用】高い剛性とホールド性を持ち、スポーツドライブやサーキット走行の際などドライバーや乗員をしっかりと守る。

【レザー/アルカンターラステアリングを新たに採用】最高品質のレザーとアルカンターラとカーボンファイバーを組み合わせた専用ステアリング。
フィット感やグリップ感、ドライバーとの一体感に優れ、正確な操作に貢献する。

操作性の高さだけではなく、
見た目の美しさと質感を兼ね備えた、革巻きのシフトレバーを採用。
その豊かな質感で、快適なシフトチェンジを約束する。

ダブルステッチのレザーとカーボンファイバーにより構成された、上質感あふれるダッシュボード。

  • ※掲載の写真はすべて欧州仕様車です。日本仕様車は右ハンドルとなります。

栄光のエンブレム QUADRIFOGLIO

アルファ ロメオのレースの歴史に燦然と輝く栄光の紋章「クアドリフォリオ(四つ葉のクローバー)」。自動車レースの黄金期である1923年、幸運のシンボルとして描かれはじめたこの紋章は、今もなお受け継がれるアルファ ロメオのレーシングスピリッツの象徴である。そして、アルファ ロメオが「最高峰」と認めたマシンだけが纏うことのできるこのエンブレムは、時を超え、ジュリアとステルヴィオの頂点に位置するハイパフォーマンスマシンへと継承された。